All posts

個人事業主・業務委託履歴書|書き方、サンプルや注意事項などを

業務委託に応募する際に、履歴書の提出が必要となる場合はよくあります。このよう場合、どうやって履歴書を作成すれば良いのでしょうか?本文では、業務委託履歴書の書き方を完全に解説した上、履歴書のサンプル及び履歴書作成と提出の際に注意を払う必要がある注意事項も丁寧に解説していこうと思います。

個人事業主・業務委託履歴書|書き方、サンプルや注意事項などを

業務委託に応募する際に、履歴書の提出が必要となる場合はよくあります。このよう場合、どうやって履歴書を作成すれば良いのでしょうか?本文では、業務委託履歴書の書き方を完全に解説した上、履歴書のサンプル及び履歴書作成と提出の際に注意を払う必要がある注意事項も丁寧に解説していこうと思います。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、通常の履歴書でも、業務委託の仕事に最適な履歴書でも簡単に作成できます。

直感的なUIで履歴書を見たままで得られますし、生成AIを活用して履歴書をより便利に作成することも可能です。

業務委託とは

業務委託とは、企業が特定の業務を自社の従業員に行わせるのではなく、外部の専門業者に委託することを指します。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 企業は委託先業者に業務を発注し、業者はその業務を受託して実施します。業者は企業の指示に従いながらも、作業の手順や人員配置などは自らの裁量で決められます。
  • 委託料は業務の完了を条件に業者に支払われます。業者は企業の従業員ではなく、独立した事業者として扱われます。
  • 業務委託の対象となるのは、企業の本業ではない付帯的な業務が一般的です。例えば、ビルの清掃、製品の配送、コールセンター業務などです。
  • 企業は業務委託により、人件費の削減や専門性の活用、リスク分散などのメリットが得られます。一方で、業務の外部流出による情報漏えいリスクなどのデメリットもあります。

業務委託は企業がコアではない業務を外部化する有力な手段の一つとして広く利用されています。

業務委託のメリットとデメリット

近年、業務委託の仕事がどんどん流行っているようになりました。そこで、この部分では、業務委託に応募する際のメリットとデメリットをも紹介します。

【メリット】

  1. 自由度が高い
    委託先企業の指示を受けつつも、作業の手順や働き方は比較的自由に決められます。
  2. スキルアップが期待できる
    様々な企業の業務に携わることで、経験とスキルを積むことができます。
  3. 高収入が望める
    同種業務の従業員より収入が高い場合があります。
  4. 税制面での優遇措置がある
    個人事業者として開業すれば、さまざまな経費の控除が受けられます。

【デメリット】

  1. 雇用が不安定
    契約期間が短く、常に仕事を探さなければなりません。
  2. 社会保険・労働保険が手厚くない
    健康保険など、保険加入は任意となる場合が多いです。
  3. 業務の継続性がない
    長期的な業務計画が立てづらく、キャリア形成が困難な面があります。
  4. コストがかかる
    個人で経費を負担しなければならない部分があります。
  5. 発注企業への依存度が高い
    発注企業の都合で仕事が激減する可能性があります。

総じて、自由度は高いものの不安定さも伴う働き方だと言えるでしょう。個人の希望や状況に合わせて、メリット・デメリットを検討する必要があります。

業務委託の仕事に履歴書を作成する

それでは、業務委託の仕事に応募する際、どのように履歴書を作成すれば良いのでしょうか?次は、業務委託履歴書を作成する際のポイントをいくつか紹介します。

経歴の書き方

従来の履歴書とは異なり、業務委託の経験を重視します。過去に受注した業務内容、期間、発注元企業名などを具体的に記載します。自営業の場合は、事業内容と実績を詳しく書きます。

スキルの強調

業務委託では特定のスキルが重要視されます。保有するスキルを具体的に列記し、実務経験と合わせて説明します。資格や研修履歴もあれば記載すると良いでしょう。

自己PRの重要性

発注企業に対して、なぜ自分を選ぶべきかをアピールする必要があります。専門性、コミュニケーション能力、課題解決力など、自身の長所を具体例を交えて書きます。

形式の工夫

一般的な履歴書形式ではなく、レイアウトを工夫した分かりやすい形式にするとよいでしょう。業務内容やスキルが一目でわかるようなデザインが求められます。

志望動機の説明

なぜ業務委託を希望するのか、その理由や抱負を簡潔に記載します。発注企業の業務内容に合わせた志望動機を書くとよりよいでしょう。

要するに、実務経験、専門スキル、自己PRを分かりやすく盛り込むことが肝心です。発注企業の目線に立った履歴書作成が求められます。

業務委託履歴書のサンプル

それでは、次は業務委託に応募する履歴書のサンプルをも紹介します。このサンプル履歴書を通じて、業務委託の履歴書の作成方法への理解を深めましょう。

サンプル:

【職務経歴】

20XX年 株式会社◯◯と業務委託契約
・Webサイト改善の提案、UI/UXの設計
・サイト構築ディレクション、進行管理
・アクセス解析、コンバージョン率改善施策
20XX年 ◯◯会社より◯◯業務を受託

20XX年 株式会社◯◯ 入社  
システム開発会社 プロジェクトマネージャー業務として
・Web/モバイルアプリの要件定義
・開発ベンダーコントロール、スケジュール管理
・納期・品質・コストの総合マネジメント
20XX年 一身上の都合により退社

【保有スキル】
・システム開発ディレクション経験10年
・プロジェクトマネジメント(PMP資格保有)
・HTML/CSS/JavaScriptコーディング
・SEO対策、Webマーケティング
・アクセス解析ツール(GoogleAnalyticsなど)の実務経験

【自己PR】
ITに強いマーケティング視点と、PMOの経験が強みです。
課題発見から改善提案、実行までを一貫して行えます。
常に最新のWebトレンドを把握し、ユーザー視点を重視した施策を行っています。
定期的なコミュニケーションと進捗共有を心がけ、スムーズな業務遂行を実現します。

【志望動機】
長年培ったWebコンサルティングの経験を活かし、更なるスキルアップと複数のプロジェクト経験を積みたいと考えています。
御社のビジネスに貢献できるよう、提案型のコンサルティングを実践していきたいと思っております。

このように、業務委託に特化した経歴、スキル、自己PRを盛り込むことが重要です。発注企業の視点に立ち、自身の強みと実績をアピールすることが求められます。

TalenCatで履歴書を便利に作成する

業務委託の履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを使うのがおすすめです。直感的な履歴書エディターで履歴書を見たままで得られますし、生成AIを活用して履歴書をより効率的に作成することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

業務委託の履歴書作成と提出の注意事項

業務委託の履歴書を作成して提出する際には、いくつかの注意事項があります。

履歴書作成時の注意点

  1. 個人情報の管理
    個人情報が漏れないよう、書類の取り扱いには十分注意を払う必要があります。
  2. 成果・実績の具体的記載
    過去の受注案件での具体的な成果や実績を詳しく記載することが重要です。
  3. 専門性の明確化
    自身の強みとなる専門分野やスキルをはっきりと示すことが求められます。
  4. 発注企業への寄り添い方
    志望動機などで、発注企業の業務内容や課題に対する理解を示すことが有利です。
  5. 分かりやすいレイアウト
    重要な情報が見つけやすいレイアウトにすることで、読みやすさを高めましょう。

履歴書提出時の注意点

また、履歴書の作成を終えて提出する際、次のような注意点もあります。

  1. 締切日時の厳守
    企業によって異なる締切に注意し、遅れのないよう余裕を持って行いましょう。
  2. 指定された提出方法の確認
    メール/WEB/直接持参などの提出方法をよく確認する必要があります。
  3. 添付ファイル形式の統一
    PDFやWord形式など、企業が指定する形式で統一して提出しましょう。
  4. ウイルスチェックの実施
    添付ファイルにウイルスが混入していないかを必ずチェックします。
  5. 個人情報・機密情報の再確認
    誤った個人情報の記載や機密情報の漏洩がないかを最終確認しましょう。

履歴書の内容と提出方法を確実に守ることで、スムーズな応募が可能になります。 発注企業の信頼も得やすくなるでしょう。

まとめ

業務委託の仕事に応募する際、履歴書の作成は非常に重要です。企業に自身の経歴とスキルを正しくアピールするためには、以下のポイントに留意する必要があります。

  • 業務委託の経験を具体的に記載する
  • 保有するスキルと専門性を強調する
  • 自身の長所を具体例を交えて自己PRする
  • 発注企業に合わせた志望動機を書く
  • 分かりやすいレイアウトにする

さらに、履歴書の作成と提出においては次の点にも気を付けましょう。

  • 個人情報や機密情報の管理に注意する
  • 締切日時と提出方法を必ず確認する
  • 指定のファイル形式でウイルスチェックを行う

業務委託の履歴書では、従来の履歴書とは異なる着眼点が求められます。発注企業の視点に立ち、自身の強みを分かりやすく伝えることが肝心です。履歴書を通して自身の価値をアピールし、業務委託の仕事獲得に繋げていきましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!