All posts

履歴書の文化活動をどう書く?効率的に自己PRをしよう!

履歴書などの書類に「文化活動」という欄がある場合、どうやって書けばよいのでしょうか?本文では、履歴書を作成する際には、文化活動の内容の書き方を皆さんに紹介します。本ガイドを参照しながら、文化活動を書いてより効率的に自己PRを行うことができます。

履歴書の文化活動をどう書く?効率的に自己PRをしよう!

履歴書などの書類に「文化活動」という欄がある場合、どうやって書けばよいのでしょうか?本文では、履歴書を作成する際には、文化活動の内容の書き方を皆さんに紹介します。本ガイドを参照しながら、文化活動を書いてより効率的に自己PRを行うことができます。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

文化活動の経験も入った履歴書を作成する場合でも、TalenCat CV Makerを使えば簡単に作成できますので、ぜひご活用ください。

文化活動とは

文化活動とは、いわゆる文化領域で継続的にやり続ける活動のことになります。具体的には、次の種類の活動は文化活動に当てはまります。

文化活動の種類

  • 学生時代の部活動やサークル活動:活動の内容を具体的に記入します。役職があった場合は、その役職名も書きます。
  • 地域のスポーツクラブやボランティア活動など:これらの文化活動に参加していた場合は、その活動内容と期間を簡潔に記します。
  • 得意な芸術分野(絵画、書道、演劇など)の活動:コンクールなどで入賞経験があれば、その実績を記載します。
  • 語学の資格や検定試験:語学資格や検定試験に合格した場合は、その資格名と級を書きます。
  • 国際交流・留学経験:留学経験か交換留学か国際交流の経験があれば、留学先と期間を記します。

ということで、文化活動は人間性や多様な能力を窺い知ることができる重要な項目なので、自分の長所が伝わるようまとめると良いでしょう。ただし、あまり深入りしすぎず、簡潔に要点をまとめることが肝心です。

なぜか文化活動を履歴書にいれる?

履歴書に文化活動を記載する主な理由は以下の通りです。

  1. 人間性や資質を評価してもらうため
    文化活動を通して、自分の熱意、粘り強さ、協調性、リーダーシップ、創造力など様々な資質が養われます。それらの経験を記載することで、人間性の一端を伝えることができます。
  2. 社会人基礎力をアピールするため
    部活動やボランティア活動などでは、課題発見・解決力、チームワーク力、主体性なども身につきます。これらは社会人に求められる基礎力でもあり、その力を持っていることをアピールできます。
  3. 多様な経験と適応力を示すため
    文化的な活動はさまざまな分野にわたり、それらに積極的に取り組んでいれば、多様な興味と適応力があることを示せます。
  4. コミュニケーション能力などの特技をPRするため
    語学力や資格取得、アートなどの特技がある場合、その力を文化活動の項目で明記することができます。

このように、文化活動の記載を通して、自分の人間性や能力、多様性などを具体的に評価してもらえるメリットがあるためです。履歴書の重要なセクションの一つと言えるでしょう。

各文化活動の記載例

それでは、上記で紹介した文化活動の種類ごとに、履歴書への記載例を挙げます。それに、各文化活動の経験は履歴書のどの部分に書き入れることも一緒に紹介していきたいと思います。

【部活動】- 自己PR欄に記載

◆高校野球部 2年間 主将を務めて、部員の士気高揚に尽力し、県大会ベスト8入りを果たした。(2016年-2018年)

【サークル活動】- 自己PR欄に記載

◆大学ボランティアサークル SORAメンバーとして、地域清掃活動や施設訪問などの活動に従事した。2年間副代表を務めた。 (2019年-2022年)

【習い事・芸術】- 自己PR欄に記載

◆英会話教室 初級・中級コース修了(2015年-2017年)
◆書道 全国書道展 高校生の部 入選(2017年)

【語学】- 資格欄に記載

◆TOEIC 870点(2021年取得)
◆ドイツ語技能検定試験4級合格(2020年)

【留学・国際交流】- 学歴・自己PR欄に記載

◆アメリカ ニューヨーク州立大学 1年間交換留学(2018年9月-2019年8月)
◆東京大学日中友好協会で中国文化の理解促進を目的に、中国語スピーチコンテストの運営や、中国伝統行事の企画・実施を4年間行った。2年間は幹部を務めた。 (2018年4月 - 2022年3月)

このように、活動内容、期間、役職、実績などを簡潔に記載することで、その文化活動を通じて身につけた能力が伝わります。多様な経験則ち、長期にわたり継続した活動は高く評価されますので、ポイントを意識して記述するとよいでしょう。

履歴書の文化活動を書く際のポイント

履歴書の文化活動欄に記載する際のポイントは以下のようなことがあげられます。

継続性

  • 長期間続けた活動なら、熱心さや粘り強さがうかがえます。期間を明記しましょう。

役割・貢献度

  • 役職を務めていた場合は、その役割と具体的な活動内容を書きます。
  • 大会やコンクールで入賞した実績があれば、それを記載するのがよいでしょう。

多様性

  • スポーツ、文化、ボランティアなど幅広い活動を経験していれば、それを列記すると良いです。
  • 語学力や資格取得の実績があれば、それらも記載できます。

簡潔明瞭

  • 詳細を書きすぎず、要点をわかりやすく簡潔にまとめる必要があります。
  • できればキーワードを用いて、読み手に伝わりやすい表現を心がけましょう。

熱意・情熱

  • 単に経歴を列記するだけでなく、その活動に対する熱意や情熱が伝わるような記述を心がけると良いでしょう。

文化活動を通じて、自分の人間性や能力をアピールできる貴重な機会ですので、上記のポイントを意識して記載するとよりよい履歴書になります。

TalenCatで思い通りに履歴書を作成

文化活動の経験も入った履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを活用することがおすすめです。TalenCat CV Makerの直感的な履歴書エディターを利用することで、履歴書を確認しながら作成することができます。また、履歴書作成中に生成AIを活用して効率性を向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書には文化活動の欄があり、ここに自分の経験を記載することで、人間性や能力、多様性をアピールできます。文化活動とは、部活動、サークル活動、ボランティア、習い事、留学経験など、文化的な分野で継続的に取り組んだ活動を指します。

文化活動を記載することで、以下のようなメリットがあります。

  • 熱意、粘り強さ、協調性などの人間性が評価される
  • 課題解決力やチームワーク力など、社会人基礎力をアピールできる
  • 多様な活動経験と適応力が伝わる
  • 語学力や芸術的な特技をPRできる

記載する際は、活動内容や期間、役職、実績などを簡潔に書くことが重要です。継続性、役割、多様性、簡潔さ、熱意・情熱などのポイントを意識しましょう。

最後に、TalenCatのCV Makerを活用すれば、直感的に履歴書を作成でき、AIの支援も受けられます。PDFやオンライン共有も簡単にできるので、文化活動の記載を含めた本格的な履歴書作りにぜひ活用してください。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!