All posts

高卒の履歴書の書き方|良い第一印象をつけましょう!

高校を卒業して、就職活動に参加する場合、よく作成した履歴書は、会社側に良い第一印象をつける非常に重要な書類になります。そこで、本文では、高卒の履歴書の書き方を皆さんに紹介します。

高卒の履歴書の書き方|良い第一印象をつけましょう!

高校を卒業して、就職活動に参加する場合、よく作成した履歴書は、会社側に良い第一印象をつける非常に重要な書類になります。そこで、本文では、高卒の履歴書の書き方を皆さんに紹介します。

高卒者用の履歴書を選択

履歴書には、様々なテンプレートとフォーマットがあります。履歴書を作成する最初のステップは、適切な履歴書を選択することになるのでしょう。

正社員用の履歴書

すでに高校を卒業した場合、普通の正社員用の履歴書を使って、履歴書をするのが良いのです。インターネットで履歴書のテンプレートをダウンロードして記入することもできますが、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを使って、簡単に履歴書を作成することもできます。

新規高等学校・新規中学校卒業者用の履歴書

また、応募者の適性と能力に基 づいて差別のない公正な採用選考が行われるよう、 昭和48年度から労働省(当時) 、文部省(当時)及び全国高等学校長協会の協議によりその様式を「全国高等学校統一 応募書類」として定めました、このフォーマットの履歴書のテンプレートを厚生労働省、文部科学省のホームページでダウンロードして利用することができます。

新規高等学校・新規中学校卒業予定者(平成18年3月)を採用予定の事業主の皆様へ |厚生労働省
新規高等学校・新規中学校卒業予定者(平成18年3月)を採用予定の事業主の皆様へ について紹介しています。

高卒者の履歴書の書き方

それでは、高卒者の履歴書を作成しようとする時、どうやって書けば良いのでしょうか?一般的には高卒者の履歴書には、次のようなコンテンツが含まれる必要があります。

基本情報

  • 氏名(フルネーム、正式な字体)
  • 生年月日(満年齢)
  • 現住所(正式の住所名)
  • 連絡先(実家など現住所以外があれば記載)

学歴

  • 最終学歴が高卒の場合は中学卒業から記載
  • 高校中退の場合は中退時期と理由を記載
  • 高卒認定試験合格者は、合格を学歴欄か資格欄に記載

職歴

  • アルバイト経験などがあれば勤務先、期間、業務内容を記載

資格

  • 正式名称で記載し、取得順や企業の業務関連順に並べる

趣味・特技

  • 自身のアピールポイントになる趣味や特技を記載

志望動機

  • 入社意欲を具体的に示し、自身の強みや適性をアピール

写真

  • 指定サイズの証明写真を貼付

高卒の履歴書に強調すべき内容

高卒の履歴書では、高校時代の活動実績、志望動機や自己PRの記載が特に重要になります。その理由は次:

  1. 高校卒業後、就職する場合、最終学歴が高校卒業となります。従って、履歴書の学歴欄が自身の全ての学歴経歴を示すことになります。大学生以上の人がもつ大学や専門学校などの履歴がないため、高校時代の活動実績が重要視されます。
  2. 高校生の頃にアルバイト経験があったとしても、実務経験が乏しいのが一般的です。そのため、志望動機や自己PRの記載が採用判断の大きな材料になります。
  3. 高卒者採用では、学歴よりも人物評価が重視される傾向があります。履歴書の自己PRや面接での人柄が大きなポイントになるのです。
  4. 高卒採用は、入社後の教育を重視して人材を育成する方針です。履歴書から成長余地の大きさが感じられることが求められます。

活動実績のサンプル

・高校3年間、野球部に所属し主将を務めた。チームをまとめるリーダーシップと強い責任感を身につけた。
・高校2年次から生徒会執行委員を務め、学校行事の企画運営に携わった。コミュニケーション能力と柔軟性を養った。
・高校1年次に簿記検定3級を取得。数字を正確に扱う能力がある。

志望動機のサンプル

私が貴社を志望した理由は、販売職を通じてお客様の満足を追求する企業理念に共感したからです。高校時代の球児としての経験から、一つひとつの仕事にコツコツと取り組む姿勢を身につけました。貴社で販売職に就き、お客様のニーズに真摯に耳を傾け、最適なソリューションを提供できるよう努めたいと考えています。

自己PRのサンプル

私は熱心で几帳面な性格です。高校時代は生徒会役員を務め、細かい作業にも手を抜かず責任を持って取り組んできました。また、チームのまとめ役を経験し、コミュニケーション能力とリーダーシップも身につけています。物事に真面目に向き合い、着実にこなすことが私の長所です。入社後は謙虚な姿勢で着実に業務を遂行し、会社の一員として成長していきたいと考えています。

このように、限られた情報の中から将来性や人柄を伝える必要があるため、高卒者にとって履歴書の書き方は極めて重要になるのです。丁寧な作成を心がける必要があります。

TalenCat CV Makerで履歴書を便利に作成

高卒の履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを使うのがおすすめです。直感的な履歴書エディターで履歴書を見たままで得られますし、生成AIを活用して履歴書をより効率的に作成することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書の作成は、就職活動において非常に重要な役割を果たします。特に高卒者の場合、実務経験が少ないため、高校時代の活動実績や志望動機、自己PRをしっかりとアピールすることが求められます。

高卒者の履歴書には、基本的な個人情報のほか、学歴(高校中退の場合は理由も)、職歴(アルバイト経験など)、資格、趣味・特技、そして何より高校時代の活動実績と志望動機、自己PRを記載する必要があります。志望動機と自己PRでは、具体的な経験に基づいて自身の長所や適性をアピールし、入社意欲の高さを示すことが重要です。

履歴書作成時は、TalenCat CV Makerのような便利なツールを活用するのがおすすめです。直感的なエディタで見た目を確認しながら作業でき、AI機能も活用できるので効率的に履歴書を作成することができます。

就職活動に向けて、自身の魅力が十分に伝わる良質な履歴書を作成し、第一印象を大切にすることが高卒者には何より求められます。丁寧な作成を心がけましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!