All posts

詳細解説:履歴書に得意科目欄の書き方

就活中の皆さん、就活の準備は順調でしょうか? 中でも「得意科目」の記載は意外に悩まれているのではないでしょうか?この「得意科目」を通じて、企業にあなたの強みや個性、人柄を伝えられるのです。本記事では、履歴書の得意科目の書き方について解説します。

詳細解説:履歴書に得意科目欄の書き方

就活中の皆さん、就活の準備は順調でしょうか? 中でも「得意科目」の記載は意外に悩まれているのではないでしょうか?この「得意科目」を通じて、企業にあなたの強みや個性、人柄を伝えられるのです。そこで、いかに効果的に書けるかということが非常に重要です。今回は、得意科目の書き方とポイントについて詳しく解説します。

TalenCat CV Makerという専門の履歴作成ツールを活用すれば、AIの支援を受けながら、効率的に履歴書を作成することができます。

履歴書に「得意科目」欄がある理由

「履歴書に『得意科目』の記載が必要なの?」と疑問に思った方は多いはずです。「得意科目」を記入することで、自身がどのような分野に適性を持つかが見えてきます。同時に、企業はこれをヒントに、あなたの関心の方向性や思考パターンを推測します。理系科目が得意な方は論理的思考に長けている可能性を、語学が得意な方はコミュニケーション能力が高いと推測されます。つまり、企業は「得意科目」を通じて、応募者の基本的な人物像をイメージするのです。

志望する職種に関連する科目が得意であれば、その業務に必要な基礎知識が備わっていると判断され、採用される可能性が高まります。

また、面接の際、この「得意科目」は素敵な会話のきっかけになるかもしれません。面接官はよく、就活生の緊張を和らげるため、答えやすく自然な話題として「得意科目」について質問します。この会話は、面接でのやりとりをスムーズにし、応募者の魅力を引き出すとても良い機会でもあります。一方で、その会話からコミュニケーション能力を評価されている場合もあるので、注意が必要です。会話を広げられるよう、何らかの経験やエピソードを準備しておくと良いでしょう。

得意科目が分からないときは?

得意科目で悩んでも大丈夫。次のような方法で見つけましょう。

  • 好きな科目を優先する: 必ずしも高得点を取った科目でなくても構いません。興味を持った科目を選び、「なぜ好きだったのか」を具体的に説明しましょう。
  • 周りの人に意見を求める: 家族や友人は、客観的な視点で、あなたの長所を理解しているかもしれません。思いがけないヒントをもらえる場合もあります。
  • 「特になし」は書かない: 何も記載しないのは、やる気や意欲の欠如と誤解される可能性があります。時間をかけても、何かしら記入しましょう。どうしても見つからない場合は、得意科目欄のない履歴書を選ぶ方法もあります。

履歴書に得意科目を書くポイント

履歴書の「得意科目」の書き方に悩む方へ、次の3つのポイントをご提案します。

  • 志望する仕事との繋がりを意識する: 働いている自分をイメージし、仕事に求められる能力や知識を考えましょう。企画職なら「経営学」や「マーケティング」、データ分析なら「統計学」や「プログラミング」など、仕事内容を踏まえて記載すると良いでしょう。
  • 自身の長所を活かす: 「周りとのコミュニケーションを大切にしている」「論理的思考に優れている」など、自分の長所を活かせる科目を選びます。「国語」や「外国語」、「数学」や「物理」などを選択し、自身の個性を発揮しましょう。
  • 背景やエピソードで魅力を伝える: 「友人との討論が楽しく、多様な考え方に触れられたから」「留学経験を通して様々な文化に触れ、視野が広がったから」など、その科目が得意になった背景やエピソードを添えてアピールします。

ぜひ、これらのポイントを参考に、「得意科目」欄であなたの強みと個性を上手に表現してください。具体的なエピソードを交えると、より効果的なアピールになります。

得意科目の例文

さらに具体的なイメージを掴んでいただくために、得意科目が「英語」「数学」「統計学」の場合の例文を紹介します。

得意科目が英語:

「私は英語を履歴書の得意科目としています。小学時代から英語で日記を書くことに興味を持ち、高校では外国人留学生との交流イベントにも参加しました。大学ではさらに英語を学びたいと、留学プログラムで海外に渡り、語学力はもちろん、異文化理解能力も磨きました。異文化交流に関わる仕事に就き、グローバルな舞台で活躍したいと考えています。」

得意科目が数学:

「私の履歴書の得意科目は数学です。幼少期から算数や数学が好きで、特に幾何学や方程式に惹かれました。大学では数学を専攻し、数学的な論理展開の美しさに魅了されました。数学オリンピックにも参加し、入賞経験を通じて、自分の分析力や論理的思考力に自信を持つことができました。数学を学んだことで培った論理性を生かして、システムエンジニアとして活躍したいと思っています。」

得意科目が統計学:

「統計学を履歴書の得意科目として記載しています。统计学的分析は大容量データの傾向を把握し、さまざまな分野で活用できることが魅力です。私は確率・統計学を専攻し、データ分析の知識を深め、マーケティング分野でのインターンでこれを活用しました。広告キャンペーンを統計学的に分析し、ターゲット層に効果的なメッセージを発信するのに貢献しました。データを戦略に変える仕事に就き、データドリブンな社会に貢献したいと思っています。

これら例文では、英語や数学、統計学などの得意科目を通して、具体的なスキルだけではなく、どのようにそれが自身のキャリアや目標に繋がるのかも表現しています。面接官に具体的な印象を与えるために、具体的なエピソードを盛り込み、あなたのプロフィールを際立たせましょう。

履歴書に「得意科目」を書く方法

履歴書の「得意科目」ってどう書ければいいのか悩みますね?TalenCat CV Makerを使って、その悩みを解決することができます。AI機能があなたに代わって、良い文を生成することができます。TalenCat CV Makerは、誰でも簡単に履歴書を作成することができる無料ツールです。直感的な操作画面で、履歴書を見たまま作成することできます。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成するステップ1

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書を作成するステップ2
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書を作成するステップ3

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書を作成するステップ4

まとめ

「得意科目」欄は、あなた自身の個性や強みを効果的にアピールできる良いチャンスです。企業の求める人物像を理解し、具体的なエピソードを交えながら、自分の特性をアピールしましょう。また、履歴書作成に行き詰まったら、AI搭載の革新的な履歴書作成ツールをTalenCat CV Makerを試してみませんか?操作が直感で、読みやすい履歴書を簡単に作成することができます。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!