All posts

JIS規格と厚生労働省の履歴書|テンプレートのダウンロード

JIS規格の履歴書は、日本国内で最も汎用されている履歴書のフォーマットとして、これまで様々な企業や求職者に利用されています。本文では、国内の履歴書の新旧フォーマットをも紹介した上、それぞれのテンプレートのダウンロード方法や簡単に作成できる方法をも一緒に解説していこうと思います。

JIS規格と厚生労働省の履歴書|テンプレートのダウンロード

JIS規格の履歴書は、日本国内で最も汎用されている履歴書のフォーマットとして、これまで様々な企業や求職者に利用されています。本文では、国内の履歴書の新旧フォーマットをも紹介した上、それぞれのテンプレートのダウンロード方法や簡単に作成できる方法をも一緒に解説していこうと思います。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

JIS規格の履歴書か、厚生労働省の履歴書を作成したい場合でも、この履歴書作成ツールを利用して便利に作成できますので、ぜひご活用ください。

JIS規格の履歴書とは

JIS規格の履歴書は、日本国内で最も汎用されている履歴書のフォーマットとして、JIS規格の履歴書は、一般財団法人日本規格協会によって定められていました。JIS規格の履歴書は、これまで様々な企業や求職者に利用されていました。

古いJIS規格の履歴書

上記は、これまでにたくさんの求職者によって利用されていた履歴書のフォーマットになります。しかし、令和2年7日に厚生労働省は、新たな規格の履歴書の様式例が提唱されました。従来のにJIS規格の履歴書に比べて、いくつかの相違点があります。

厚生労働省履歴書様式例について

厚生労働省では、これまで公正な採用選考を確保する観点から、JIS規格の履歴書を「厚生労働省履歴書様式例」に更新して、労働政策審議会安定分科会にも報告しました。厚生労働省においては、今後、公正な採用選考への理解を深めるさまざまな取り組みを実施するにあたり、本様式例を活用してまいります。

厚生労働省履歴書様式例の変更点

令和2年7日にJIS規格の履歴書を「厚生労働省履歴書様式例」に更新した原因といえば、正な採用選考への理解を深めるさまざまな取り組みを実施するために、この厚生労働省履歴書様式例を活用することを提唱しています。従来のJIS規格の履歴書に比べると、厚生労働省履歴書様式例は次のような相違点があります。

1.性別欄は〔男・女〕の選択ではなく任意記載欄としました。なお、未記載とすることも可能としています。

2.「通勤時間」「扶養家族数(配偶者を除く)」「配偶者」「配偶者の扶養義務」の各項目は設けないことにしました。

履歴書の様式例が変更された後、募集職種の適性と能力を判断するために非必要なものを取り除いて、公正な採用選考の観点から適切であると考えられていますね。

厚生労働省履歴書様式例は次のように見られます:

厚生労働省履歴書様式例

新たな厚生労働省履歴書様式例は、長年提唱された内閣府男女共同参加社会にも繋がっていると思います。

JIS規格と厚生労働省履歴書テンプレートのダウンロード

それでは、求職して履歴書を作成する際、JIS規格か厚生労働省履歴書をテンプレートをダウンロードして、それを編集する必要があります。それでは、ここで、JIS規格の履歴書と厚生労働省履歴書のテンプレートの無料ダウントードの方法も一緒に紹介します。

JIS規格履歴書テンプレートのダウンロード

旧JIS規格の履歴書のテンプレートをダウンロードするために、次のリンクをクリックしてダウンロードしてください:

厚生労働省履歴書テンプレートのダウンロード

また、厚生労働省が提唱する新な履歴書様式例をダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。

PDFバージョンのダウンロード:

https://jsite.mhlw.go.jp/kumamoto-roudoukyoku/content/contents/000884486.pdf

Excelバージョンのダウンロード:

https://jsite.mhlw.go.jp/kumamoto-roudoukyoku/content/contents/000884485.xls

履歴書の書き方:履歴書を簡単に作成する

古いJIS規格の履歴書を作成しようとする場合でも、新たな厚生労働省履歴書の様式例に従って作成する場合でも、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを利用して簡単に実現されることが可能です。

この履歴書作成ツールは、非常に直感的なエディターを持ち、履歴書の作成中でも作成ガイドも提示されます。また、AI生成機能もありますので、それを使って履歴書の内容を最適化したり、便利に生成したりすることも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

また、左側メニューの「テンプレート」でJIS規格のフォーマットか、厚生労働省の履歴書フォーマットに簡単に切り替えることができます。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書は就職活動において非常に重要な役割を果たすものです。日本国内では、これまでJIS規格に基づく履歴書のフォーマットが長らく使用されてきましたが、令和2年に厚生労働省から新しい履歴書様式例が提唱されました。

新しい厚生労働省履歴書様式例は、性別欄の任意記載や、通勤時間、扶養家族数、配偶者関連項目の削除など、公正な採用選考の観点から変更が加えられています。この変更は、男女共同参画社会の実現にも貢献すると考えられます。

履歴書の作成にあたっては、JIS規格の履歴書テンプレートと厚生労働省履歴書テンプレートのどちらかをダウンロードして利用することができます。また、TalenCat CV Makerのような便利なオンラインツールを使えば、簡単に専門的な履歴書を作成することができます。

求職活動において履歴書は非常に重要な役割を果たすため、適切なフォーマットと内容で作成することが求められます。新しい様式例や支援ツールを上手く活用し、自身にふさわしい履歴書を用意しましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!