All posts

履歴書に休学期間も書く必要?書き方を詳しく解説

何らかの理由で学校を休学していた場合、休学期間を履歴書に入れる必要がありますか?本文では、履歴書に休学期間を書く必要があるかどうかという問題を解明した上、書く必要がある際、その書き方をも分かりやすく解説していこうと思います。

履歴書に休学期間も書く必要?書き方を詳しく解説

何らかの理由で学校を休学していた場合、休学期間を履歴書に入れる必要がありますか?履歴書を作成する際、こういう悩みを持っている方は少なくありません。本文では、履歴書に休学期間を書く必要があるかどうかという問題を解明した上、書く必要がある際、その書き方をも分かりやすく解説していこうと思います。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

本文で休学期間の記載の必要性と書き方を習得すると、この無料履歴書作成ツールを使って、履歴書を便利に作成しましょう。

休学とは?

休学とは、一時的に学業を中断し、大学や専門学校などの教育機関を離れることを指します。主な理由は以下の通りです。

  1. 病気や怪我の療養
  2. 留学や研修への参加
  3. 経済的な事情
  4. 進路変更を検討するため
  5. 家庭の事情や介護
  6. 心身のリフレッシュ

通常、一定期間の手続きを経て、後に復学(学業再開)が認められます。休学中は授業料の納付が免除されたり減額されたりする場合があります。

休学期間が長くなると、卒業が遅れる可能性があるほか、奨学金の支給が止まるなどのデメリットもあります。そのため、休学は真剣に検討する必要があり、学生生活や将来のキャリアに大きな影響を与えます。

長期の休学が必要な場合は、退学して別の機会に入学し直すことも検討されます。休学制度の細かい規定は教育機関によって異なります。

休学、留年、中退の違い

また、留年、休学、中退はそれぞれ異なる概念になるため、履歴書を作成する際、それぞれの違いを意識する必要があります。そこで、休学でしたら、必ず「休学」と明記する必要があります。

留年とは、あるクラスや学年で修得すべき単位を取れずに、次の学年に進めない状態を指します。つまり、同じ学年を再度履修しなければならないことを意味します。

一方の休学は、一時的に学業を中断し、大学等の教育機関を離れる事を指します。病気療養や経済的理由、留学などがその理由となり、休学期間終了後に復学することができます。

中退とは、自らの意志で大学等を去り、学業そのものを断念することを指します。中退後に復学することはできません。

つまり、

  • 留年は次の学年に進めず、同じ学年を再履修
  • 休学は一時的な離籍で後に復学可能
  • 中退は自らの意志で大学等を去り、学業そのものを断念

といった違いがあります。退学や除籍も中退に準じる概念ですが、教育機関側からの強制的な処置を指します。

履歴書で休学期間を書く必要がある?

結論からといえば、履歴書に休学期間を記載するかどうかについては、状況によって判断が分かれます。一概に言えることはありません。

休学期間を記載することのメリットは、履歴書に空白期間がなく、連続性があることを示せる点です。採用担当者に疑問を持たれにくくなります。また、休学理由次第では、あなたの人となりの一端が垣間見えるかもしれません。

一方で、休学期間を記載しないメリットは、採用担当者に不必要な疑問を持たれるリスクを避けられることです。休学理由が建設的でない場合は、記載を避けた方が賢明でしょう。

総じて、休学期間の記載は選択肢の一つですが、義務ではありません。休学理由や期間の長さ、志望する職種など、状況を総合的に判断して賢明に対処することが大切です。疑問点があれば、キャリアカウンセラーなどに相談するのも一案でしょう。

履歴書で休学期間の書き方

履歴書に休学期間を記載する際は、以下の点に留意するとよいでしょう。

記載する場所

・学歴欄に、在学期間の中で休学した期間を()付きで明記する。
例) 2015年4月 - 2019年3月(2017年4月 - 2018年3月休学)

記載する内容

・休学した期間を正確に記載する。
・可能であれば、簡潔に休学理由も記載する。

記載例:

留学のため休学
家庭の事情により休学
・やむを得ない理由の場合は詳しい説明は不要。

記載の必要性

・長期の休学でなく、通常の就職活動に支障がない程度であれば記載は不要。
・長期にわたる休学で、履歴に空白期間が生じる場合は記載が推奨される。
・採用担当者に疑問を持たれる可能性がある場合は記載しておく方が無難。

総じて、長期の休学で履歴に空白が生じる場合は、適切に休学期間と理由を記載しておくことが賢明です。面接時にも適切に説明できるよう準備しましょう。

TalenCatで履歴書を簡単に作成する

休学期間についての書き方を頭に入れると、履歴書の作成を始めることができるのでしょう。履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerが一番使いやすいツールになると思います。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

面接で質問される可能性が高い

面接で休学期間について質問される可能性がとても高くなりますので、しっかりと準備しておくことが重要です。面接で休学事実について質問される場合は、以下のようなポイントを意識するとよいでしょう。

休学理由の説明

・休学理由を簡潔に、そして正直に説明できるよう準備する
・病気や家庭の事情などの場合は、過度の詳細は避けつつ、理解してもらえる程度の説明を心がける
・建設的な理由(留学、ボランティアなど)であれば、その経験を通して自身がどう成長したかも語る

休学中の活動

・休学中に何か活動(アルバイト、資格取得、ボランティアなど)をしていれば、その内容と自身がどんな経験を積めたかを説明できるようにする

復学後の学業成績

・休学から復学後、学業に熱心に取り組み、良好な成績を修めたことを具体例で示す

就職への意気込み

・休学経験を通して自身の目標意識がより強くなった点や、就職へのモチベーションの高まりを語る

面接官の質問に落ち着いて答えられるよう、上記の内容を整理して準備しておくことが大切です。また、休学が長期に及んだ場合は、その期間が自分にとってどのような意味があったのかを説明できるようにしましょう。前向きな姿勢と熱意を示せば、評価は下がりません。

まとめ

履歴書に休学期間を記載するかどうかは状況次第ですが、長期の休学で履歴に空白期間が生じる場合は記載しておく方が賢明です。記載する際は、学歴欄に休学期間と簡潔な理由を()書きで明記します。

面接では休学理由、その間の活動内容、復学後の学業成績、就職への熱意などを説明できるよう準備しましょう。前向きな姿勢と休学経験から得た成長を示せば、評価は下がりません。

休学期間の記載の有無や書き方に迷った場合は、キャリアカウンセラーに相談するのも一案です。TalenCat CV Makerのような無料ツールを使えば、AIの助力を借りて直感的に履歴書を作成できます。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!