All posts

試用期間で退職した職歴を履歴書に入れる?書き方と記載例はこちら

履歴書を作成する際、試用期間で早期な退職があった職歴も履歴書に記載する必要がありませんか?本文では、試用期間で退職した職歴を履歴書に入れるかどうかという問題に回答した上、適切な書き方と記載例をも皆さんに紹介してみたいと思います。

試用期間で退職した職歴を履歴書に入れる?書き方と記載例はこちら

履歴書を作成する際、試用期間で早期な退職があった職歴も履歴書に記載する必要がありませんか?この問題について、素直にこのような職歴を履歴書に書くと、応募先によくない印象を付けてしまうという心配がよくありますね。そこで、本文では、試用期間で退職した職歴を履歴書に入れるかどうかという問題に回答した上、適切な書き方と記載例をも皆さんに紹介してみたいと思います。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

本文から早期退職の職歴の正確な書き方を知った上、この履歴書作成ツールを使って便利に専門の履歴書を作成しましょう!

試用期間で退職した職歴を履歴書に入れる?

結論から言うと、試用期間で早期な退職があった職歴を履歴書にいれるかどうかは、個人的な判断によるものになります。このような職歴を履歴書に入れると、メリットとデメリットもあります。

記載のメリット

  • 空白期間を避けられる
  • その期間の経験や学びを示すことができる
  • 勤務実績があることを示せる

記載のデメリット

  • 長期間就業していない理由を説明する必要がある
  • 転職回数が多いと見られる可能性がある
  • 不安定な印象を与えてしまう可能性がある

総じていえば、試用期間が数日間から数週間までの短期間であれば履歴書への記載は避けた方が無難です。しかし、数ヶ月程度あり、仕事内容や経験、スキルアップにつながったものであれば、簡潔に記載することで空白期間を避け、前向きな姿勢を示すことができます。

試用期間で退職した職歴に関する心配

履歴書に試用期間での短期間の職歴を記載する場合、応募先から以下のような心配がある可能性があります。

  1. 転職回数が多いと見られる心配
    短期間の職歴が複数あると、転職を頻繁に繰り返しているように映る可能性があります。採用側は、定着性に乏しいのではないかと懸念する場合があります。
  2. 離職理由を説明する必要がある
    短期間で離職した理由を、採用側に説得力のある形で説明する必要があります。単に「試用期間が終わっただけ」では不十分に見られかねません。
  3. 仕事に対する姿勢が問われる
    何らかの理由で短期間で離職を選んだことから、仕事に対する姿勢や情熱が疑問視される可能性もあります。
  4. 雇用環境に問題があったのではないかと疑われる
    短期間で離職した背景に、職場環境の問題があった可能性も考えられます。採用企業はそのリスクを気にするでしょう。
  5. 安定性に欠けるのではないかと危惧される
    頻繁に職を転々とすることは、経済的にも精神的にも安定しているとは言えない印象を与えかねません。

そこで、最終的には、その経験が応募先の仕事と関連性があるか、または積極的に評価されそうかどうかで判断することをおすすめします。不安がある場合は、面接時に上手く説明できるよう準備しておくことが重要です。

履歴書で試用期間で退職の職歴の書き方

それでは、もし履歴書に試用期間で退職した職歴を書くと決めた場合は、どうしたら無難に書けますか?試用期間で退職した短期の職歴を履歴書に記載する際は、以下のようなポイントに留意すると良いでしょう。

記載方法

  • 在籍期間は短くても正確に記載する(例:2022年4月~2022年7月)
  • 会社名、職種、業務内容はできるだけ具体的に記載する
  • 退職理由は簡潔に「試用期間満了」など事実を書く

アピールポイントも

  • その短期間でどのようなスキルや経験を得られたかを強調する
  • 仕事を通して得られた成果や貢献点を挙げる
  • 退職の経緯やその後の行動から、前向きな姿勢や成長意欲をアピールする

注意事項

  • 過度に詳細を書き過ぎると逆効果になる
  • 言い訳は避け、前向きな表現を心がける
  • 面接時にも同様の説明ができるよう準備する

簡潔に事実関係と前向きな姿勢を示すことで、マイナス印象を払拭できると考えられます。

試用期間で早期退職の理由と履歴書での記載例

一般的には、試用期間で退職することには、必ず理由があります。そこで、履歴書でこのような職歴を書く際、適切な理由を踏まえて記載する必要があると思います。次は、早期退職の理由、及びそれぞれの記載例を紹介します。

ミスマッチ

  • 業務内容が想定と異なっていた
  • 自身の経験や能力と合っていなかった
  • 会社の方針や雰囲気に馴染めなかった

記載例:

○○年○月~○○年○月 ABC株式会社 営業職
業務内容の理解不足から自身に適した職種ではないと判断し、退職を決意した。短期間ながら営業の実務を学べた貴重な経験だった。

労働環境の問題

  • 長時間労働や過重な業務負荷
  • パワハラやメンタルヘルス不安など就労が困難
  • 給与・待遇面での不満

記載例:

○○年○月~○○年○月 XYZ会社 システムエンジニア
長時間労働による健康リスクを勘案し、退職を選択した。システム開発業務を通じてプロジェクト管理スキルを身につけられたことは有意義であった。

個人的な事情

  • 病気、けが、介護など私的な理由
  • 転居による勤務が困難になった
  • 進路変更を決意した

記載例:

○○年○月~○○年○月 DEF株式会社 総務職
家族の介護が必要になり、勤務の継続が困難になったため退職した。総務業務を通じて職場環境整備の重要性を学んだ。

起業や独立を志し、転身する場合

当初からの独立や起業への想いを率直に伝え、在職中に得られたスキルや経験を前向きに評価し、今後のビジネスに生かせる点を強調することが重要です。

記載例:

○○年○月~○○年○月 GHI株式会社 営業職
起業を目指す中で、営業の実務経験を積むため入社したが、独立に向けた転身を決意し退職した。新規顧客開拓や折衝経験は、今後のビジネスに活かせる。

給与面や待遇面で合意に至らなかった場合

入社時の話と実際の労働条件にギャップがあり、給与や待遇面で合意に至らないことも、早期な退職の原因になるのがよく見られます。このような場合は、合理的な理由を簡潔に説明してはよいのでしょう。

記載例:

○○年○月~○○年○月 JKL会社 マーケティング職
労働条件の合意に至らず、退職を決定した。マーケティング業務を通じてデータ分析力を高められたことは収穫であった。

上記の記載例のように、簡潔に事実関係を記し、前向きな姿勢と学びを示すことが重要です。状況に応じて適切に記載することで、マイナス印象を和らげられると考えられます。また、転職の理由は面接などで補足説明することを前提にすると良いでしょう。

面接でも質問される覚悟をする

試用期間で退職した職歴については、面接でこの職歴に関して質問される可能性が高いので、このような覚悟をしたまま、面接で試用期間退職の理由を質問された際、好印象を与えられる回答を事前に考えてみましょう。

好印象を与える回答のポイント

  1. 率直かつ簡潔に事実を説明する
    言い訳をせず、正直に退職理由を説明することが大切です。矛盾した説明はかえって不信感を招きます。
  2. 前向きな姿勢と学びを強調する
    「短期間ではありましたが、○○の経験や○○のスキルを身につけることができました」など、プラスの学びを挙げると良いでしょう。成長意欲が感じられる説明が好印象につながります。
  3. 次のキャリアプランとの関連性を示す
    「この経験を活かし、次のステップとして○○のような仕事に携わりたい」など、将来のキャリアビジョンとひもづけて説明すると説得力があります。
  4. 状況判断力や決断力をアピールする
    「様々な状況を勘案し、この決断に至りました」といった言い回しで、状況を冷静に判断できる姿勢が伝わります。
  5. 退職後の行動で前向きさを示す
    「退職後は○○の資格取得に励みました」など、前向きな行動を取っていたことを示すとプラスになります。
  6. 失敗を恐れず挑戦する姿勢がうかがえる
    「このような経験から、失敗を恐れず挑戦することの大切さを学びました」など、ポジティブな気持ちを示せると好印象です。

TalenCatで超便利に履歴書を作成

上記の内容を参照して、試用期間で退職した職歴を履歴書で記載する方法も習得したと思います。そして、一番使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使って履歴書を作成しましょう。

この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

試用期間で早期に退職した経験がある場合、その職歴を履歴書に記載するかどうかは個人的な判断になります。それを履歴書に記載する場合は、在籍期間を正確に書き、会社名や業務内容を具体的に記載します。退職理由は簡潔に事実を書き、その短期間で得られたスキルや経験、学びを強調し、前向きな姿勢を示すことが重要です。面接では率直に事実を説明し、次のキャリアプランとの関連性やその後の行動で前向きさを示せば好印象につながります。

最終的には、その職歴が応募先の仕事と関連性があるかどうかを判断材料にするとよいでしょう。不安がある場合は面接での説明に備えることが大切です。

履歴書作成にはTalenCatのCV Makerが便利で、生成AIの支援を受けられるので活用してみてはいかがでしょうか。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!