All posts

WordとPDFの履歴書|どちらにすればよいか?

PDFとWordは履歴書の最も一般的な形式で、求職のために履歴書を提出する際には、必ずファイル形式を選択する必要があります。では、履歴書を作成する際、PDFかWordのどちらを選択すればよいのですか?このガイドでは、PDFとWord履歴書のメリット・デメリットを説明しますので、本文を読んだら、どちらのファイル形式を選択するのかも明らかになるのでしょう。

WordとPDFの履歴書|どちらにすればよいか?

PDFとWordは履歴書の最も一般的な形式で、求職のために履歴書を提出する際には、必ずファイル形式を選択する必要があります。では、履歴書を作成する際、PDFかWordのどちらを選択すればよいのですか?

このガイドでは、PDFとWord履歴書のメリット・デメリットを説明しますので、本文を読んだら、どちらのファイル形式を選択するのかも明らかになるのでしょう。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。
多数の履歴書テンプレートを利用して、プロで優れた履歴書を作成したい場合は、この無料の履歴書作成ツールをお見逃しないでください!

Word形式の履歴書について

Word形式の履歴書とは、Microsoft Wordの文書形式の履歴書を指します。基本的にはMicrosoft Wordというソフトを使って作成することができます。

Word形式の履歴書

Word形式の履歴書のメリット

PDF履歴書に比べて、Word形式の履歴書のメリットは以下の通りです。

  1. 編集の柔軟性: Word文書は簡単に編集できるため、履歴書の内容、書式、レイアウトを素早く変更できます。
  2. フォーマットオプション: Microsoft Wordには高度な書式ツールとオプションがあり、カスタムフォント、スタイル、レイアウトで美しくよく構成された履歴書を作成できます。
  3. テンプレートとサンプル: Wordには履歴書のプレデザインテンプレートが多数あり、レイアウトの概要を作成する時間が節約できます。
  4. 採用管理システム(ATS)との互換性: 多くの企業が採用で使用するATSプログラムは、Word履歴書を適切に解析・読み取ることができます。
  5. コラボレーションと共有: Word形式の履歴書は簡単に共有でき、他者がレビュー、コメント、提案を加えることができます。

Word形式の履歴書のデメリット

一方でWord履歴書には次のような制限があります。

  1. フォーマットの不一致: Word文書の書式がコンピューターやOSによって異なる表示になる可能性があるので、履歴書の内容が正確に伝えることができない場合もよくあります。
  2. 互換性問題: Wordは広く使われていますが、受信者がWordの同じバージョンを持っていない場合か、互換のソフトがない場合、互換性の問題が起こる可能性があります。
  3. ファイルサイズ: 豊富な書式や埋め込み画像がある場合、大きなファイルサイズになり、メールの添付ファイルサイズ制限を超える問題が生じるかもしれません。
  4. 誤った変更のリスク: Word文書は編集可能なため、適切に保護されていないファイルや読み取り専用で共有されていない場合は、偶発的な変更や修正が加えられるリスクがあります。
  5. 移植性の制限: Word文書は基本的にWordプログラム内で表示/編集することを想定しているため、異なるデバイスやプラットフォームでの移植性が制限されます。

全体としてWord履歴書は、編集の容易さ、書式オプション、多くのATSとの互換性から人気がありますが、書式のずれ、互換性の問題、偶発的変更のリスクには注意が必要です。

PDF形式の履歴書について

PDF (Portable Document Format)形式の履歴書は、オリジナルの書式とレイアウトを維持した読み取り専用の文書ファイルにできる形式です。

PDF format resume

PDF形式の履歴書のメリット

Word履歴書に比べ、PDF履歴書のメリットは以下の通りです。

  1. フォーマット保護: PDFファイルでは、履歴書の正確な書式、フォント、レイアウトが維持され、受信者が意図した通りに表示されます。
  2. 互換性: PDFは汎用のファイル形式で、ほぼすべてのデバイスやOSで開いて表示できるため、異なるプラットフォーム間での互換性が非常に高くなります。
  3. 読み取り専用保護: PDFファイルはデフォルトで読み取り専用なので、履歴書の内容が偶発的に変更されるリスクが軽減されます。
  4. プロな外観: PDF履歴書は一般的にきれいで洗練された印象があり、応募書類の専門性が高まります。
  5. 埋め込みオプション: 使用するソフトウェアによっては、リンクの埋め込み、ファイルの添付、デジタル署名の追加ができます。

PDF形式の履歴書のデメリット

  1. 編集の難しさ: Word文書とは違い、PDFファイルは簡単に編集できないため、履歴書のアップデートや修正が難しくなります。
  2. 採用管理システム(ATS)との互換性の問題: 一部の古いATSソフトウェアでは、PDF履歴書の内容を正確に解析できない可能性があります。
  3. ファイルサイズ: PDF履歴書はWord文書に比べてファイルサイズが大きくなる場合があり、メールの添付ファイルサイズ制限に問題が生じるかもしれません。
  4. インタラクティブ性の制限: PDFにリンクを含めることはできますが、受信者のPDFビューアが古い場合や機能が制限されていると、意図したとおりにリンクが機能しない可能性があります。
  5. PDF編集ソフトウェアの入手: 誰もがPDF編集ソフトウェアを手に入れられるわけではなく、Microsoft Wordのように広く利用可能なプログラムに比べると、PDF履歴書の作成やアップデートが難しい場合があります。

全体として、PDF履歴書は書式の保護と専門的な外観から人気がありますが、ATSとの互換性や編集の柔軟性の点で、追加の対応が必要になる場合があります。

PDFかWordの履歴書のどちらにする?

履歴書の形式をPDFかWordのどちらにするかを決める際は、それぞれの長所と短所を考慮する必要があります。また、応募先の企業の要件にも留意しましょう。

次は、履歴書のファイル形式を選ぶ際のヒントをいくつかご紹介します。

便利に編集したいならWord

Microsoft Wordは、履歴書を頻繁に更新・改訂する必要がある場合に最適な選択肢です。Word文書は簡単に編集でき、内容、書式、レイアウトをすばやく変更できます。この柔軟性は、求人に応募する際に履歴書をカスタマイズしたり、キャリアアドバイザーやメンターからのフィードバックを反映したりする必要がある求職活動で役立ちます。

提出時はPDFで書式を保護

履歴書の最終版ができたら、PDFに変換するとよいでしょう。

PDFでは文書の正確な書式とレイアウトが保たれるため、綿密に作られた履歴書の外観がデバイスやOSを問わず一貫して維持されます。これは電子的に履歴書を提出する際に、プロフェッショナルで洗練された印象を与えるのに重要です。加えて、PDFファイルはデフォルトで読み取り専用になるため、連絡先情報、資格、その他の重要な内容が偶発的に変更されるリスクが軽減されます。

企業の要件に従うことが大事

PDFとWord文書はどちらも広く受け入れられていますが、応募先企業の指示に従うことが重要です。一部の企業はWord文書かPDFのどちらかを好む場合があり、採用管理システム(ATS)との互換性を確保するためにある形式を要求する場合もあります。

もし企業がWord文書を求めている場合は、その指示に従うのが賢明です。そうすれば履歴書がATSで適切に処理され、確実にレビューされる可能性が高まります。一方で企業がPDFを求めている場合はPDFで提出し、指示に従える能力とこだわりをアピールしましょう。

特に指定がない場合は、PDFとWord文書の両方を提出するのがよいでしょう。これにより雇用主が都合の良い方を選択できるため、履歴書が適切に処理・レビューされる機会が高まります。

魅力的な履歴書をTalenCat CV Makerで作成

TalenCat CV Makerはプロで使いやすいCV作成ツールで、簡単に履歴書を作成、編集、共有できます。TalenCat CV Makerには非常に直感的なインターフェースが備え、入力した内容がリアルタイムで履歴書に反映されるので、実際の見た目を確認しながら作業できます。

TalenCat CV Makerには、より魅力的でプロな履歴書を作成できるよう、さまざまなテンプレートも用意されていますので、ぜひご活用ください。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

その他の一般的な履歴書ファイル形式

PDFとMicrosoft Wordの他にも、履歴書で使われる一般的なファイル形式がいくつかあります。

プレーンテキスト (.txt)

プレーンテキストの履歴書は非常に基本的な形式で、太字、斜体、特殊フォントなどを使うことができません。この非常に軽量のファイル形式は、すべてのシステムへの互換性を保証することができますが、履歴書を綺麗に作成することができません。

リッチテキスト形式 (.rtf)

RTFファイルは太字、斜体、下線、インデントなどの基本的な書式を維持できます。これはプレーンテキストよりは一歩進んでおり、さまざまなワードプロセッサでも比較的互換性があります。

HTML/Webページ

HTMLで履歴書を作成すると、個人の履歴書ウェブサイトやオンラインポートフォリオとして公開できます。HTMLの履歴書では、マルチメディア要素も組み込めます。ただし、受信者がWebブラウザで閲覧する必要があります。

PDF (テキストベース)

ほとんどのPDFはオリジナルの書式を保持しますが、書式をほとんど削除してプレーンテキストのようにした、テキストベースのPDFを作ることもできます。こうすれば.txtファイルよりも優れた互換性を維持できます。

マルチメディア/ビジュアル履歴書

クリエイティブ分野の場合、一部の応募者はパワーポイント、画像/グラフィックファイル(JPG、PNG)、ビデオ履歴書など、インタラクティブでビジュアル的、マルチメディアの履歴書を作成します。これらは非常に魅力的ですが、適切なビューアーが必要です。

PDFとWordが最も一般的で広く受け入れられている形式ですが、応募者は履歴書の提出時に、企業の指定する形式に従う必要があります。

結論

履歴書の適切なファイル形式を選ぶことは、求職活動において重要な検討事項です。WordとPDFが最も広く受け入れられており人気のある選択肢ですが、それぞれもメリットとデメリットがあります。

履歴書の作成と書式設定をより簡単にするため、TalenCat CV Makerのような専用の履歴書作成ツールを活用するのがよいでしょう。この使いやすいツールには、プロなテンプレート、リアルタイム編集機能、PDFやWordなど複数の形式でエクスポート可能な機能が備わっています。直感的なインターフェースと便利な機能を備えたTalenCat CV Makerを使えば、磨き上げられた優れた履歴書を効率良く作成できます。

選んだ形式にかかわらず、提出前に必ず履歴書の内容と書式をくまなく確認し、間違いがないことを確認することが重要です。履歴書は雇用主があなたを評価する最初の機会であり、よく作られた、間違いのない履歴書は面接の機会を大きく高めることができます。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!