All posts

履歴書の本人希望欄の書き方:記載例も一緒に紹介

履歴書を作成する際、個人情報や職歴を記入するのが簡単ですが、最後の本人希望欄に何を入れれば良いのですか?本文では、履歴書の最後の本人希望欄の書き方を詳しく解説した上、通用できる本人希望欄の記載例をも一緒に紹介します。

履歴書の本人希望欄の書き方:記載例も一緒に紹介
💡
履歴書作成には無料で使えるTalenCat CV Makerがおすすめです。

履歴書のテンプレートから編集できるので、本人希望欄の内容も生成AIを活用して簡単に作成できますので、是非ご活用ください。

履歴書を作成する際、個人情報や職歴を記入するのが簡単ですが、最後の本人希望欄に何を入れれば良いのですか?本文では、履歴書の最後の本人希望欄の書き方を詳しく解説した上、通用できる本人希望欄の記載例をも一緒に紹介します。

履歴書の本人希望欄とは?

履歴書の本人希望欄とは、応募者自身が希望する条件や要望を記入するスペースのことです。主に応募者から勤務地の希望、年収給与の希望、職種の希望やスキルアップの希望があれば、記入するスペースとなります。

履歴書の本人希望欄

本人希望欄はあくまでも希望ですので、採用企業側がすべてを受け入れるわけではありません。しかし、応募者の希望条件が分かれば、採用企業としても考慮することができます。要望が高すぎるとマイナスに働く可能性もあるので、適切な範囲内で希望を書くようにしましょう。

本人希望欄の目的は?

履歴書では本人希望欄というものがある目的といえば、主に以下の3点があると考えられています。

応募者の希望条件を明確化する

本人希望欄に、希望する勤務地、給与水準、職種など具体的な条件を記載することで、応募者自身の希望を明確化できます。これにより、応募者と企業間での要望のズレを防ぐことができます。

採用企業にアピールする

本人希望欄は、単なる希望条件の記載欄ではなく、応募者の熱意や情熱をアピールする場でもあります。例えば、スキルアップの希望を書くことで、成長意欲の高さをPRできます。

マッチング精度を高める

本人希望欄の内容を見ることで、採用企業側は応募者の希望とのマッチング度を判断しやすくなります。条件が合わないケースでは早期に交渉が難しいと分かり、無駄な手間が省けます。

つまり、本人希望欄は応募者と企業の要望のすり合わせを円滑にし、双方にとって適切な人材マッチングを実現するための重要な役割を担っているのです。適切な希望条件を記載することが求められます。

履歴書の本人希望欄の書き方

履歴書の本人希望欄の適切な書き方として、特定の希望がなければ、「貴社の規定に従います」と記載しますが、自分から希望があれば、常に次のようなポイントに注意しながら、記載することがおすすめです。

具体性

  • 企業側が把握できない希望ではなく、できるだけ具体的に条件を記載する
  • 例:「首都圏での勤務希望」「年収600万円以上希望」など

理路整然性

  • 希望条件に矛盾がないよう、論理的にまとめる
  • 例:「UIターン希望だが、単身赴任は不可」など

優先順位

  • 最も重視する条件から順に書く
  • 主要な希望条件が分かりやすいよう工夫する

現実的

  • 経験や年齢から考えて現実的な希望条件にする
  • 採用企業に馴染めない高すぎる要求は避ける

具体例と理由

  • 可能な限り、希望条件の具体例と背景となる理由を添える
  • 例:「職場内研修制度希望(スキルアップを図りたい)」

丁寧な言葉遣い

  • あくまで「希望」であることを意識し、命令口調は避ける
  • 「~を希望します」などの丁寧な表現を心がける

このように、分かりやすく、現実的かつ丁寧に希望条件を記載することが重要です。採用企業の理解が得られるよう、工夫しましょう。

履歴書の本人希望欄の記載例

それでは、様々な異なる状況を想定して、本人希望欄の具体的な記入例を皆さんに紹介します。

勤務地の希望あり

愛知県名古屋市内での勤務を希望します(Uターン希望です)。家族がいるため、県外転勤は難しい状況です。

特定の年収の希望あり

前職での年収が700万円でしたので、経験・スキルを考慮し、年収800万円以上を希望いたします。

職種希望あり

10年間の営業職経験を活かし、法人営業職での採用を希望します。新規開拓から案件フォロー、営業企画までワンストップで行えるポジションがよいです。

勤務体系希望あり

育児と仕事の両立を図りたく、コアタイム有りのフレックスタイム制と在宅勤務を組み合わせた業務環境を望みます。

スキルアップ希望あり

業務を通じたOJTに加え、階層別・職種別の定期研修があり、自己啓発の支援制度(資格取得費用補助等)が整っている企業を希望します。

待遇希望あり

業績に応じた年次ベースアップと賞与支給、さらに営業インセンティブなどの成果主義評価制度を重視します。

転勤希望あり

単身赴任については状況次第で検討します。結婚5年以内であれば、最終的には家族同伴での転勤を希望します。

福利厚生に関する希望あり

確定拠出年金、財形貯蓄、従業員持株会制度など将来の生活設計を支援する制度と、社宅・住宅手当など生活面でのサポートを望みます。

グローバル視点の希望あり

英語力を活かせるグローバル業務に従事したく、海外営業職や国際物流管理職での採用を希望します。将来的な海外勤務の機会も歓迎です。

企業文化に関する希望あり

社員の声が反映されるフラットな組織風土を持ち、年次にとらわれず実力主義で活躍できる企業文化を重視します。ワークライフバランスが保たれていることも望みます。

以上が、状況に合わせた具体的な本人希望欄の記入例となります。簡潔でありながら、背景までを盛り込んだ例文となっています。

TalenCat CV Makerで履歴書を簡単に作成

履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerが一番使いやすいツールになると思います。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができます。

また、本人希望欄をどのように書くかが分からない場合は、TalenCatの生成AIを活用して適切な本人希望欄の内容を生成したりすることできます。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書の本人希望欄は、応募者自身の希望条件を明確に伝える重要な場所です。企業側に自分の希望をアピールでき、適切な人材マッチングにもつながります。本人希望欄を書く際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 具体的な希望条件を簡潔に記載する
  • 現実的で矛盾のない内容にする
  • 最も重視する条件から優先順位をつける
  • 希望条件の背景となる理由も添える
  • 丁寧な言葉遣いを心がける

適切に本人希望欄を記載することで、自分に合った企業を見つけられる可能性が高まります。本記事で紹介した書き方のポイントと記載例を参考に、履歴書作成に活用してみてください。

また、履歴書作成には無料で使えるTalenCat CV Makerがおすすめです。履歴書のテンプレートから編集できるので、本人希望欄の内容も簡単に作成できますので、是非ご活用ください。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!