All posts

履歴書の証明写真にカラコンがNG?証明写真のコツも解説!

履歴書を作成する時、カラコン着用で証明写真を撮ることが大丈夫ですか?本文では、この問題について皆さんに解説していきたいと思います。また、どうしても無難になれる証明写真の撮り方をも一緒に紹介します。

履歴書の証明写真にカラコンがNG?証明写真のコツも解説!

普段の生活中で、カラコンとかコンタクトを着用している方は多くいますね。それでは、履歴書を作成する時、カラコン着用で証明写真を撮ることが大丈夫ですか?本文では、この問題について皆さんに解説していきたいと思います。また、どうしても無難になれる証明写真の撮り方をも一緒に紹介します。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

直感的なUIで履歴書を見たままで得られますし、生成AIも履歴書作成に利用されるので、就活でぜひご活用ください。

証明写真でカラコンをつけるのが不適切

結論から言えば、履歴書の証明写真でカラコンをつけるのは不自然な印象を与えるので、不適切な行為になります。

履歴書の証明写真については、できるだけ本来の自分の姿を写したナチュラルな写真が適切とされています。そのため、原則的にカラコンの着用は避けた方が賢明でしょう。カラコンは目の色を変えるだけでなく、目の印象を変えてしまう可能性があります。採用担当者は応募者の素の表情や雰囲気を見たいと考えているからです。

ただし、視力の問題などで必要に迫られてカラコンを使用している場合は、その旨を説明すれば許容されると思われます。あくまでナチュラルな写真が求められているということを意識して、証明写真の撮影に臨むことが賢明でしょう。

不自然な印象を与えないよう、できれば控えめなカラコンを選ぶなど工夫することをお勧めします。最終的には採用企業の判断になりますが、本来の自分の姿を大切にすることが就職活動では重要と言えます。

面接官のカラコン付けた証明写真への印象

面接は証明写真にカラコン着用に気づくと、以下のような印象を与えかねません。

不自然で作為的な印象

本来の目の色と違うカラコンは、人工的で不自然な印象を与えます。自然な目の 印象が損なわれ、違和感のある目元になってしまいます。これは面接官から「自分を飾り立てようとしている」と映る可能性があります。

飾り気があり、本物らしくない印象

カラコンは目の印象を大きく変え、本来の自分とは異なる姿を演出します。これは面接における「本物志向」を損ない、「作り物」と捉えられかねません。面接では素の姿が重要視されるため、不自然なカラコンは本物らしさに疑問を持たれる原因になります。

自分を偽って見せようとしている印象

目は人相を決める大きな要素です。目を変えるカラコンは、自分を偽って見せようとしている姿勢にも受け取られかねません。面接では正直さが問われるため、このような印象は大きな痛手となります。

軽率で判断力に欠ける印象

就職活動の大切な場面で、このようなアクセサリー使用は軽率で、判断力の欠如を指摘される恐れがあります。面接は真剣に臨む姿勢が求められるため、軽はずみなカラコン着用は好ましくありません。

面接官は、応募者の人となりや人柄を判断する上で、ナチュラルな姿が重要視されます。作為的に目の印象を変えることは、正直さや本物志向に欠ける傾向があると受け取られかねません。また、履歴書の写真でカラコンを使うと、面接の場でも別のカラコンを着用すると、写真と実物の違いから不誠実な印象を受ける可能性もあります。

ということで、就職活動において第一印象は極めて重要です。安全を期すためにも、カラコンは避けた方が賢明でしょう。本来の自分の姿を大切にすることで、真摯な態度が伝わり、良い印象を与えられるはずです。

証明写真でカラコン着用でも大丈夫な職種

また、どのような仕事に応募する際には、カラコンを着用して証明写真を撮ることがNGなわけでもありません。特定の職種では、カラコン着用の証明写真も許容される可能性があります。例えば:

  • 芸能/エンターテインメント業界 (モデル、タレント、俳優など)
  • 服飾/アパレル業界
  • 化粧品/ビューティー業界
  • 広告/クリエイティブ業界
  • その他、外見や個性が重視される分野

これらの分野では、あくまでも仕事の一環としてカラコンが許容される可能性はあります。一方、一般的な企業の就職活動では、ナチュラルな自分の姿を見せることが原則となるでしょう。職種によってカラコンへの考え方は大きく異なるため、応募先の雰囲気を踏まえた上で判断する必要があります。

面接でもカラコンをつけない方が良い

また、ファッション業界以外では、面接の場でもカラコンを付けることは控えめる方が賢明と言えます。面接の際には、本来の自分を隠したり、過剰な違和感を与えるのは避けて、自然な印象を面接官にちゃんと伝えましょう。

カラコンをつけるかどうかにも関わらず、次のポイントに注意を払う必要があると思います。

  • 過剰な派手さは避ける
  • できる限り自然な雰囲気を心がける
  • 本人の人となりが偽られていないか確認する

正しい履歴書の証明写真の撮り方

それでは、自然な印象を面接官に使える履歴書の証明写真をどうやって撮れば良いのでしょうか?次は、正しい履歴書の証明写真を撮るためのポイントを皆さんに紹介します。

  1. 無表情・無装飾の写真
    証明写真は本人確認が目的なので、笑顔やポーズは避けましょう。装飾的なアクセサリーやメイク、カラコンなども控えめにしましょう。
  2. 正面を向いた上半身写真
    顔が少しブレても構いませんが、基本的には正面を向き、上半身が写るようにしましょう。
  3. 無地の服装
    無地の服装を着用し、模様やロゴのある服は避けましょう。襟元もきちんとしたもので。
  4. 目線は正面
    カメラを正面から見つめ、目線は水平に合わせましょう。上から見下ろしたり、うつむき加減だと不自然です。
  5. 髪型は素振りの状態
    髪型は整えすぎず、自然な素振りの状態が望ましいです。アップスタイルは避けましょう。
  6. 背景は無地・明るい色
    撮影する背景は無地の青や灰色などの落ち着いた明るい色が適しています。
  7. 顔に陰りがないこと
    顔に陰りが出来ないよう、適切な明るさの照明を当てましょう。
  8. 撮影サイズのルール
    証明写真のサイズは、縦3cm×横2.4cm程度が一般的です。企業によって指定があれば従ってください。

自然な雰囲気を損なわないよう気をつけ、写真から本人が素直に理解できるよう心がけましょう。

まとめ

就職活動においては、履歴書の証明写真でカラコンを着用するのは避けた方が賢明です。ナチュラルな自分の姿を伝えることが重要であり、カラコンは不自然で作為的な印象を与えてしまう可能性があるためです。

ただし、一部の職種(芸能/エンターテインメント業界、ファッション業界など)においては、仕事の一環としてカラコンが許容される場合があります。しかし、一般企業への就職活動では控えめた方が無難でしょう。

履歴書の証明写真は、無表情で無装飾、正面を向いた上半身写真が望ましいです。服装は無地で落ち着いた色味を選び、髪型は素振りの状態が適切です。背景は無地の明るい色が適しています。

面接の場でもカラコンは避けた方が賢明です。自然な印象を心がけ、本来の自分の人となりを偽らずに伝えることが重要となります。就職活動では常に真摯な姿勢が問われます。素の自分を大切にすることで、良い印象を与えられるはずです。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!