All posts

履歴書「自覚している性格」をどう書く?書き方を完全に解説!

本文では、履歴書の「自覚している性格」を完璧に記入する方法を皆さんに紹介します。「自覚している性格」の記入欄に何かを入れるのかがわからない方は、ぜひこの記事を参照してください。

履歴書「自覚している性格」をどう書く?書き方を完全に解説!

特定企業の要求により、履歴書で「自覚している性格」という記入欄もあります。この記入欄には、どのような内容を記入すればよいのでしょうか?

本文では、履歴書の「自覚している性格」を完璧に記入する方法を皆さんに紹介します。「自覚している性格」の記入欄に何かを入れるのかがわからない方は、ぜひこの記事を参照してください。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

履歴書に「自覚している性格」を入れたい場合でも、この無料履歴書作成ツールを使えば、簡単に作成することができます。履歴書の作成が必要となる場合は、ぜひこのツールを活用してください。

履歴書の「自覚している性格」について

履歴書に設けられている「自覚している性格」の記入欄とは、応募者自身が自分の性格の長所・短所をどのように認識しているかを記載する箇所です。必ずしもすべての履歴書でもこの記入欄がありますが、特定の企業のフォーマットにより、よく「自覚している性格」を記入する必要があります。

履歴書で「自覚している性格」が求められる理由

企業側は、応募者の「自覚している性格」を求める理由といえば、たくさんあると考えられています。次は、主な理由を皆さんに紹介します。

  1. 自己分析力を見る
    自分自身の性格をどの程度理解し、分析できているかを確認する目的があります。自己分析力は、仕事をする上で重要な能力です。
  2. 長所と短所をつかむ
    性格の長所と短所を正しく自覚しているかを知ることで、その人の強みや改善点がわかります。採用側はそれらを仕事ぶりに活かせるかを判断します。
  3. 成長意欲を窺う
    自分の課題を正直に認められるかどうかで、成長意欲の有無が推し量れます。前向きに課題に取り組む姿勢が重要視されます。
  4. 自己PRの材料
    自分の長所を自覚していれば、的確に自己PRできます。アピールポイントを把握できているかどうかがわかります。
  5. 人間性を探る
    性格は人間性を示す大切な側面です。「自覚している性格」から、その人の人柄や価値観をある程度読み取ることができます。

このように、「自覚している性格」を聞くことで、応募者の様々な面が浮かび上がってくるのです。単に性格を問うだけでなく、それ以上の意味があると考えられます。

履歴書の「自覚している性格」の書き方は?

自覚している性格を履歴書にきちんと記載すると、応募先企業に自分の自己分析力、成長意欲、人間性、コミュニケーションなどのポジティブを伝えることができます。そこで、正確な書き方をマスタすることも非常に重要です。

「自覚している性格」記載時のポイント

履歴書で「自覚している性格」を書く際、いくつかのポイントに注意を払う必要があります。

  1. 長所と短所をバランス良く記載する
    自分の強みだけでなく、課題となる面も率直に記すことが大切です。長所一辺倒は避け、冷静に自己を分析した姿勢が伝わるようにしましょう。
  2. 具体例を挙げる
    "几帳面"、"コミュニケーション能力がある"など、抽象的な表現にとどまらず、具体的な行動例を示すとより説得力があります。
  3. 改善努力を示す
    短所については、その克服に向けた取り組みや意識改革を記すことで、前向きな姿勢を アピールできます。
  4. 企業の求める人物像を意識する
    リーダーシップ、チームワーク、創造性など、求められる能力に合わせて長所を強調するとよいでしょう。
  5. 簡潔かつ分かりやすく記述する
    口語的すぎる表現は避け、適度に敬語を使ってまとめます。冗長になりすぎないよう心がけましょう。
  6. 嘘やつくりっぷりは最も避けるべき
    正直に自己を見つめ直した上での記載が何より重要です。架空の長所は見破られてしまいます。

このように、自覚している性格は自己PRの好機でもあり、上手く表現することで自分の人間性が伝わります。簡潔且つ具体的で、バランスの取れた記載を心がけましょう。

履歴書の「自覚している性格」の記載例

上記のように、履歴書で「自覚している性格」を記載すると、就職活動で非常に大きな役割を果たすことができますね。「自覚している性格」の書き方をより深くりかいできるように、次は、異なる目的に合わせて3つの記載例をも皆さんに紹介します。

ポジティブさを伝える記載例

私は几帳面で責任感が強く、物事に対して粘り強く取り組むタイプです。状況を冷静に判断し、的確なコミュニケーションを心がける一方で、完璧を求めすぎて行き過ぎてしまうことがあります。また、新しいことに慣れるのに時間がかかる傾向にあります。しかし、そうした短所については自覚を持ち、素直に改善に取り組む姿勢を持っています。感情的になりがちな面もありますが、発想力や創造力を発揮しながら、指示待ちにならずに主体的に課題に取り組めるよう心がけております。

リーダーシップや主体性を表現する記載例

主体的に課題に取り組むことができ、状況判断力と指揮力があります。しかし、時に独り善がりになる傾向があり、上意下達的になりがちな面も認識しています。そうした短所を自覚しつつ、コミュニケーション力を磨き、多様な意見を幅広く汲み取れるよう努力しております。創造力と行動力を備え、周囲を巻き込みながらも過度に自己主張をせず、チームの士気を高められる人間性を有していると自負しています。

チームワークや調整力を伝える記載例

協調性があり、様々な立場の人々と適切にコミュニケーションを取ることができます。しかし、人の言うことを素直に聞きすぎてしまい、自分の意見を十分に主張できないことが課題です。そうした点を認識し、率直に自分の考えを伝えることで、建設的な議論に貢献できるよう心がけています。チームワークを大切にする一方、必要に応じて粘り強くリーダーシップを発揮し、調整役としての役割も果たせる自信があります。

上記のように、目的や企業の求める人物像に合わせて、長所と改善点をうまく組み合わせて、「自覚している性格」を素直に記載することが重要です。

TalenCatで履歴書をより簡単に作成

本文で紹介した「自覚している性格」の書き方を意識して、履歴書を作成する必要がある場合、TalenCat CV Makerが非常に便利なソリューションだと思います。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書の「自覚している性格」の記入欄は、単なる形式的な欄ではありません。この欄を上手に活用することで、応募先企業に自分の人間性や適性をアピールする絶好の機会となります。「自覚している性格」を記載することで、以下のようなことを企業に伝えることができます。

  • 自己分析力の高さ
  • 成長意欲の有無
  • 人間性や価値観
  • コミュニケーション能力
  • 仕事へのなじみやすさ

記載に際しては、長所と短所をバランス良く、簡潔且つ具体的に書くことが重要です。嘘やつくりっぷりは避け、改善努力を示すなど、正直な自己評価が求められます。また、求められる人物像に合わせて長所を強調するなど、企業の求める能力に合わせた記載も効果的です。

無料履歴書作成ツール「TalenCat CV Maker」を活用すれば、リッチなテンプレートから簡単に履歴書を作れます。AIアシストを使えばさらに効率よく履歴書作りができるでしょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!