All posts

履歴書をメールで送る際のポイント( 提出用メール例あり)

履歴書をメールで送る際には、どのようなポイントに注意を払う必要がありますか?本文では、デジタル化の履歴書を作成して、それをメールを応募先に送信する方法と注意点を皆さんに紹介します。

履歴書をメールで送る際のポイント( 提出用メール例あり)
💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。直感的な履歴書エディターで履歴書を見たままで得られますし、生成AIを活用して、履歴書の内容を作成したり、最適化したりすることも可能です。

DX化が進んでいる現在、郵送というより、メールでデジタルの履歴書を送るのもどんどん流行っているようになりましたね。それでは、履歴書をメールで送る際には、どのようなポイントに注意を払う必要がありますか?

本文では、デジタル化の履歴書を作成して、それをメールを応募先に送信する方法を皆さんに紹介します。

履歴書のデジタル化について

DX化が進んでいる伴い、多くの企業は、通常の紙の履歴書の代わりに、PDF版のデジタル履歴書を受付できるようになりましたね。それでは、履歴書のデジタル化が進む中、私たちは履歴書を作成する際、どのようなポイントに注意を払う必要がありますか?

メールで履歴書を送信

デジタル化の方法

  • Word、PDFなど一般的なファイル形式に変換する
  • クラウドストレージやメール添付でデジタル履歴書を送付
  • 求人サイトの応募フォームにアップロードする場合も

セキュリティ対策

  • ファイルにパスワードを設定して情報漏えいを防ぐ
  • メール送信時は暗号化や電子署名を活用
  • クラウドストレージの公開設定に注意

デジタル化のメリット

  • 検索性が高まり内容確認が容易になる
  • データ保存が簡単でペーパーレス化が可能
  • 求人サイトやATS(エントリー管理システム)への対応が可能

デジタル化の注意点

  • レイアウトが崩れないよう適切なファイル形式を選ぶ
  • 個人情報保護の観点からデータ管理に十分注意
  • 電子署名の活用でセキュリティと信頼性を高める

デジタル化によりペーパーレスが進み履歴書の送付が効率化されますが、その一方でセキュリティリスクにも注意が必要です。メリットとデメリットを理解し、適切な運用が求められます。

デジタルの履歴書を効率的に作成

一番使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerは、どのような履歴書を便利に作成できます。

この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

履歴書をメールで送る際のマナーと注意事項

それでは、PDFバージョンの履歴書を作成して、それを応募先の企業に送る際には、どのようなことに注意を払う必要がありますか?次は、履歴書をメールで送る際のマナーや注意事項を皆さんに紹介します。

履歴書のメール添付の方法

履歴書をメールで送る際には、まず履歴書をPDFフォーマットで作成することが重要です。PDFフォーマットはほとんどの受信者が閲覧できるファイル形式です。また、PDFファイルはデザインが崩れにくく、プリンターで印刷してもレイアウトが崩れないという利点もあります。さらに、履歴書に対するパスワード設定を行うことも重要です。履歴書には個人情報が含まれるため、第三者による不正アクセスを防ぐためにパスワードを設定しておくべきです。

【ファイル名】

  • 分かりやすい名前をつけましょう(例: 履歴書_氏名.pdf)
  • 受信者がファイルを見分けやすくなります。

次に、メールにPDFデータを直接添付する方法と、クラウドサービスを利用する方法を比較してみましょう。

【PDFデータを直接添付する】

PDFデータを直接添付する場合は、メールに添付ファイルとしてPDFファイルを選択し、送信するだけで済みます。ただし、ここで添付ファイルサイズに注意を払う必要があります。

    • 大きすぎるファイルはメール本文が重くなり、受信拒否される可能性があります。
    • 500KB以下が目安です。画像データは適宜圧縮しましょう。

【クラウドサービスを利用する】

一方、クラウドサービスを利用する場合は、まずクラウドストレージにPDFファイルをアップロードし、そのURLをメールに添付する形で送信します。受信者はメール内のリンクをクリックすればPDFファイルをダウンロードできます。ただし、クラウドサービスを利用する場合は、相手がクラウドストレージにアクセスできる環境であることを確認する必要があります。

履歴書送信用のメール作成のポイント

履歴書をメールで添付する際には、以下のポイントに注意しながら文例を作成しましょう。

【件名】

件名には自分の氏名と「履歴書添付」を明記することが重要です。例えば、「山田太郎 履歴書添付」というように記述します。

【挨拶】

本文の冒頭で送信者の自己紹介と目的を伝えましょう。例えば、「こんにちは、山田太郎と申します。この度は応募した○○のポジションに関して、履歴書を添付させていただきます。」というように簡潔に述べます。

【履歴書ファイルの提示】

履歴書の添付ファイルについての注意事項を明示しましょう。例えば、「添付したPDFファイルは履歴書です。パスワードは「xxxx」ですので、ご確認の上、開封してください。」というように記述します。

【締めと署名】

完了したメールには結びのあいさつと送信者の連絡先を含めましょう。例えば、「何かご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。山田太郎」というように締めくくります。

履歴書メール添付の注意点

履歴書をメールで添付する際には、以下の注意点を守ることが重要です。

  • メールの送信前に誤字脱字をチェックしましょう。履歴書は自己PRや経歴などを記載する重要な書類ですので、正確な文面で送付する必要があります。
  • ファイルが正しく添付されているかどうかを確認する必要があります。
  • 送信指示や返信期限に従っているか確認しましょう。特に、求人情報に明記されている返信期限を守ることは非常に重要です。返信期限を過ぎた場合、応募が受付できない場合がありますので注意しましょう。

最後に、履歴書をメール添付で送る際には、ミスや不備を防ぐために慎重に手続きを行うことが大切です。履歴書は自己アピールの大切なツールですので、丁寧な作成と送信を心掛けましょう。そして、返信があった場合には速やかに返信し、必要な情報を提供しましょう。

履歴書提出のメール例

それでは、次は履歴書提出用のメール例を皆さんに紹介します。どのように履歴書提出メールを書くかがまだ分からない場合、次のメール例を参照しながら、必要に応じて内容をカスタマイズしてください。


件名: 履歴書の提出

尊敬する〇〇様(もしくは役職や会社名)、

お世話になっております。私は〇〇(氏名)と申します。

この度は、〇〇(求人情報のタイトルやポジション)に応募させていただきました。応募書類として、履歴書を添付いたしますので、ご確認をお願いいたします。

履歴書には、私の経歴やスキル、志向などが記載されています。ぜひご一読いただき、私の適性についてご判断いただければ幸いです。

何卒、この機会に応募をさせていただき、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございます。何かご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にお知らせください。

お忙しい中、ご検討いただけますようお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

〇〇(氏名)
〇〇(連絡先)
〇〇(住所)


この例文を参考にして、応募するポジションや会社に合わせて内容を調整してください。

まとめ

デジタルの時代において、履歴書の送付方法も急速に変化しています。メールを利用してデジタルの履歴書を送る際には、いくつかのポイントに留意することが重要です。

デジタルの履歴書は便利な一方でセキュリティリスクも潜んでいます。慎重に手続きを行い、自己アピールの大切なツールである履歴書を送付しましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!