All posts

対処法:履歴書の職歴を書ききれない

履歴書の職歴を書ききれない場合、どうしたらいいですか?本文では、履歴書の職歴を書ききれない時の対処法を皆さんに紹介します。履歴書をより綺麗で魅力的に作成するために、本文の内容を見逃しないでください。

対処法:履歴書の職歴を書ききれない

多数の職務経験がある場合、または職務内容が複雑・多岐にわたる場合、履歴書を作成するときに、職歴欄で内容を書ききれないという悩みがあります。このような場合は、どうしたらいいですか?本文では、履歴書の職歴を書ききれない時の対処法を皆さんに紹介します。履歴書をより綺麗で魅力的に作成するために、本文の内容を見逃しないでください。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

TalenCat CV Makerを使って履歴書を作成する場合、職歴欄が内容の長さに従って自動的に拡張されることができます。職歴の内容が多くても、履歴書が見やすくて綺麗なままで保たれます。

職歴欄を書ききれないのはなぜ?

転職回数が多いので、職歴が多くて書ききれない問題があります。実際には、職歴欄を書ききれないという問題の原因は、単なる多数の転職経験があることにあるだけではありません。履歴書の職歴欄に書ききれない主な理由は以下のようなことが考えられます。

  1. 多数の職務経験がある
    転職を重ねたり、複数の会社を掛け持ちしていたりすると、職務経験が多岐にわたり書ききれなくなります。
  2. 長期の職務経験がある
    同じ会社に長年勤めていると、その間の異動や役職変更、プロジェクト経験などが多く詳細に書けば書き切れません。
  3. 職務内容が複雑・多岐にわたる
    業務が多角的で複数の役割を担っていた場合、簡単には要約できず詳細を書かないと伝わりません。
  4. 専門用語や具体例を書きたい
    特に専門職や技術職の場合、専門用語や具体的な実務内容を書かないと適切に伝わらないことがあります。
  5. スペースが限られている
    履歴書のフォーマットやレイアウトによって、職歴欄のスペースが制限されていることがあります。

つまり、長期に渡る複雑で専門的な職務経験が多数ある場合に、履歴書の職歴欄に全てを書き切るのが難しくなるのです。それでは、履歴書を作成する際、職歴欄を書ききれない場合は、どうしたらいいですか?

職歴を書ききれない時の対処法

履歴書の職歴欄に書ききれない場合の対処法をいくつかご紹介します。

要点を要約する

履歴書を作成するときに、決して全ての細かい内容まで書く必要があるわけでもありません。重要な職務経験と実績に絞って簡潔に記載しますので、ポイントをおさえて要約するのがコツです。

入職・退職を1行にまとめる

基本的には、履歴書で入職と退職の時間は、2行で記載していますね。例えば:

XXXX年XX月XX日 株式会社X社 入社
XXXX年XX月XX日 株式会社X社 退職

ただし、もし職歴の内容が多すぎて、書ききれない場合は、それを次のように1行にまとめることもできます。

XXXX年XX月XX日 株式会社X社 入社 (XXXX年XX月XX日 退職)

新しい職歴から記載する

最近の職歴から遡って重要なものを記載していきます。古い経歴は割愛するのも手です。応募先の仕事に関連する最新の経験を重視するべきです。

重要ではない複数の職歴をまとめる

パート、アルバイト、派遣などの職歴があれば、これらの経験を詳しく記載せずに、一括にまとめることもできます。次は、サンプルです:

XXXX年XX月XX日からXXXX年XX月XX日の期間、 株式会社A社でアルバイトで店員として、株式会社B社でパートで販売員として、株式会社C社で経営職の派遣社員として勤務

学歴は高校から記載する

学歴を中学校から書き始めるのは一般的ですが、もし職歴で記載する内容が多すぎる場合は、中学校を省略して、高校から記載するのもかまいません。

職歴と学歴の間に1行を空けないようにする

通常、履歴書を作成する際、履歴書をより見やすくにして、職歴と学歴の間に1行を空けるのが一般的です。ただし、職歴の内容が多すぎて、書ききれない場合は、この1行を空けないようにしましょう。

職歴欄を拡張してより多くの内容を記載する

職歴欄が多くなると、記載できる内容も多くなるのではありませんか?そこで、もし履歴書の職歴欄を拡張できれば、職歴内容がいかに多くても、書ききれないことがありませんね。

そこで、TalenCat CV Makerという履歴書作成ツールを使いましょう。この履歴書作成ツールを使って履歴書を作成する場合、職歴の内容の長さに従って、自動的に拡張されることができます。職歴の内容が多くても、TalenCat CV Makerを使えば、これらの内容を入れて綺麗な履歴書を作成できます。

しかし、履歴書が見にくくならないように、重要な職務経験と実績に絞って履歴書を作成するのがおすすめです。

フォントを小さくする

フォントサイズを少し小さくすれば、多少は文字数が入るようになります。ただし、読みづらくならない程度に留めましょう。

改行を工夫する

1行の文字数を増やす代わりに、改行の回数を減らすことで省スペースになります。

別紙を添付する

職歴が多く1枚の履歴書に収まらない場合は、職務経歴の詳細を別紙に記載し添付します。履歴書本体には「詳細は別紙のとおり」と記載しておけば良いでしょう。

職務経歴書も同封する

履歴書で職歴を書ききれない場合、職務経歴書の使用を考えるのもよいのでしょう。職務経歴書を使用することで、履歴書の職歴で簡単に記載すればよいのです。職歴の詳細情報をすべて職務経歴書に移すことができます。ただし、職務経歴書を使用するかどうかは、応募する会社の募集要項を参照する必要がありますので、注意を払ってください。

どの方法を選ぶかは、応募先の指示や自身の経歴状況を勘案して賢明に判断することが重要です。簡潔さと重要な情報の開示をバランスよく心がけましょう。

TalenCatで履歴書を数分間で簡単に作成

それでは、履歴書を作成する必要がある場合、TalenCat CV Makerという使いやすい履歴書作成ツールを利用することがおすすめです。TalenCat CV Makerでは、直感的な履歴書エディターを利用することができますので、数分間だけで履歴書を簡単に作成することができます。

また、TalenCat CV Makerで履歴書を作成する場合、入力する内容の長さに従って、履歴書のフォーマットが自動的に調整されるので、職歴の内容がいかに多くなっても、履歴書が綺麗のままで保たれますので、非常に便利なツールになります。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

ご案内:左側のエディターで職歴の内容を編集して、それらの情報がリアルタイムに右の履歴書に表示されます。職歴の内容がいかに多くなっても、それが綺麗に履歴書に表示されます。職歴を書ききれない時に使える最も便利な履歴書作成ツールになります。

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

本文では、履歴書の職歴欄に書ききれない場合、10個以上の対処法を皆さんに紹介しました。どの対処法を選ぶかは、応募先の指示と自身の経歴状況を踏まえて賢明に判断する必要があります。簡潔さと開示すべき重要情報のバランスを意識しましょう。

また、TalenCat CV Makerのような無料の履歴書作成ツールを活用すれば、職歴の量に合わせて自動的にレイアウトが調整されるので、綺麗な履歴書を簡単に作成できます。履歴書作成における一つの有力な選択肢となるでしょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!