All posts

完全解説:英語の履歴書に顔写真が必要ない?

日本の履歴書には、必ず写真を張り付ける必要がありますね。それでは、英語の履歴書ではどうですか?英語の履歴書には必ず顔写真を入れる必要もありますか?本文では、このことについて完全に解説していきたいと思います。

完全解説:英語の履歴書に顔写真が必要ない?

日本の履歴書には、必ず写真を張り付ける必要がありますね。それでは、英語の履歴書ではどうですか?英語の履歴書には必ず顔写真を入れる必要もありますか?本文では、このことについて完全に解説していきたいと思います。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、英語の履歴書をも日本語の履歴書を簡単に作成できます。

直感的な履歴書エディターで、数多くのテンプレートを利用して、数分間で英語の履歴書を作成するには、下記のボタンからこの無料の履歴書作成ツール利用しましょう!
edit resume

履歴書に顔写真を入れる?

日本の履歴書には一般的に顔写真を入れることが求められますね。その理由として、主に以下の通りになっています。

  1. 識別性の確保
    履歴書は応募者本人であることを確認するための重要な書類です。顔写真があれば、面接時に本人確認がスムーズにできます。
  2. 第一印象の重視
    日本企業は面接での第一印象を非常に重視する傾向があります。写真があれば、応募者の風貫や身だしなみを事前に把握できます。
  3. 慣習・しきたり
    履歴書に写真を添付することは、長年の日本の企業文化の中で定着した慣習となっています。写真のない履歴書は不親切であるとみなされる可能性があります。
  4. 就職・転職活動のエチケット
    応募企業に対する最低限の敬意として、写真入りの綺麗な履歴書を用意することが一般的なエチケットとされています。

ただし、最近では写真添付は任意となる企業も増えてきています。応募先企業の指示に従うのが無難です。全体として、日本の就職活動では顔写真入りの履歴書が一般的な慣習となっているのです。

英語の履歴書でも顔写真が必要?

その一方、海外で就職しようとする場合は、英語履歴書が必要です。それでは、英語の履歴書を作成する場合、必ず履歴書に顔写真を入れることが必要ですか?

(サンプルあり)レジュメ(英語履歴書)とは、その書き方を解説
外資系企業に応募する際、または、海外で就職しようとする際、レジュメ(英語履歴書)が必要となります。本文では、レジュメ(英語履歴書)の重要性を説明した上、そのかきその書き方をわかりやすく解説していこうと思います。英語の履歴書を書く必要がある方は、ぜひこの記事を見逃しないでください。

その結論から言えば、英語の履歴書(レジュメ)に顔写真を添付するかどうかは、国や企業によって慣習が異なります。

アメリカ、カナダ、イギリスでは不要

通常は顔写真は不要です。添付しても構いませんが、あまり一般的な慣行ではありません。

ヨーロッパ大陸(フランス、ドイツ、スペインなど)では必要

顔写真を添付することが一般的な慣習です。履歴書に必ず写真が含まれることが期待されています。

その他の国では要確認

国によって慣習が異なるので、その国の一般的な慣行を確認する必要があります。

つまり、アメリカなどで仕事を探す場合は写真は不要ですが、フランスやドイツなどでは写真添付が一般的です。採用企業の方針を確認するのが無難でしょう。疑問があれば、採用企業の人事担当者に問い合わせるのがよいでしょう。

英語履歴書に顔写真を入れない原因

それでは、アメリカやイギリスなどの国では、一般的には英語履歴書に顔写真を入れません。それはなぜですか?実際には、英語履歴書には顔写真が求められていないのは、いくつかの原因があります。

アメリカなどの国で履歴書に顔写真を入れない主な理由は以下の通りです。

  1. 差別の防止
    人種、年齢、性別などによる不当な差別を避けるためです。顔写真があると、採用担当者が書類選考の段階で応募者のこうした属性を無意識に判断してしまう可能性があります。
  2. プライバシーの保護
    顔写真は個人を特定できる情報であり、プライバシー保護の観点から控えられています。
  3. 能力本位の採用
    日本で従来の年功序列とは異なり、アメリカで求人する際、能力や経歴、適性が最も重視されるべきであり、外見は関係ないという考え方があります。写真があると、能力以外の要素で判断されかねません。
  4. 訴訟リスクの回避
    外見を理由に不当に選考から除外された場合、差別訴訟のリスクがあります。写真なしなら、そうしたリスクは避けられます。
  5. 履歴書の簡素化
    履歴書は経歴や職務経験を簡潔に伝えることが目的なので、写真は不要とされています。

このように、公平な選考、個人情報保護、能力本位の考え方から、写真を求めない慣習が定着しているようです。

英語履歴書:顔写真のほか、これらの個人情報も必要なし

特にアメリカやイギリスなどの顔写真が求められない国では、顔写真のほかに、次のように、性別、生年月日など、様々な個人情報を入れる必要もありません。

  1. 生年月日
    年齢による差別を避けるため、生年月日は記載しない方が一般的です。
  2. 性別
    同じく性別による差別の可能性があるため、明記する必要はありません。
  3. 宗教
    信仰は個人的な領域であり、採用に全く関係ないので記載は不要です。
  4. 婚姻状況
    既婚/未婚などのステータスを書く必要はありません。
  5. 障がいの有無
    障がいがあっても仕事を全うできる場合は記載する必要はありません。
  6. 社会保障番号など極秘情報
    個人を特定できる番号は個人情報保護の観点から控えるべきです。
  7. 越権的な情報(政治的信条など)
    採用に関係のない情報は避けた方がよいでしょう。

このように、履歴書には職務経験、スキル、学歴など仕事に直接関係する情報のみを簡潔に記載するのが一般的なアドバイスとなっています。

顔写真がない英語履歴書の作成、TalenCatが便利

顔写真を入れない英語履歴書が必要となる場合、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを皆さんにお勧めします。この履歴書作成ツールは、豊富な履歴書テンプレートを提供していますし、その直感的なUIで数分間だけで専門的な英語履歴書を作成することができます。

また、日本語の履歴書作成にも対応しており、必要な方はぜひご活用ください。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書に顔写真を添付するかどうかは、国や地域によって異なる慣習があります。日本の履歴書には一般的に顔写真を入れることが求められます。英語の履歴書(レジュメ)については、国や企業によって写真の取り扱いが異なります。アメリカ、カナダ、イギリスでは通常は不要ですが、ヨーロッパ大陸では添付が一般的です。その他の国ではその国の慣行を確認する必要があります。

英語履歴書では、顔写真以外にも生年月日、性別、宗教、婚姻状況、障がい情報などの個人情報は避ける傾向にあります。理由は差別防止、プライバシー保護、能力本位の採用などです。英語履歴書の作成には、TalenCat CV Makerのような履歴書作成ツールが便利です。豊富なテンプレートから選べ、直感的なUIで簡単に操作できます。

国や企業の方針をよく確認し、顔写真の有無を含め、適切な履歴書を用意することが重要です。TalenCatのようなツールを活用すれば、スムーズに履歴書作成ができるでしょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!