All posts

履歴書に光沢紙も使える?履歴書用紙の選択ポイントはこちら!

作成済みの履歴書を印刷する際、どのような用紙を使った方が良いのでしょうか?履歴書の印刷に光沢紙が使えますか?本文では、これらの問題を解明した上、履歴書用紙を選択するポイントをもみなさんに紹介します。

履歴書に光沢紙も使える?履歴書用紙の選択ポイントはこちら!

現在、パソコンでデジタルの履歴書を作成して印刷することがどんどん多くなりましたね。それでは、作成済みの履歴書を印刷する際、どのような用紙を使った方が良いのでしょうか?履歴書の印刷に光沢紙が使えますか?本文では、これらの問題を解明した上、履歴書用紙を選択するポイントをもみなさんに紹介します。

💡
非常に使いやすい履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使うことで、簡単に専門的な履歴書を作成できます。

パソコンで履歴書を作成して印刷したい場合は、この無料の履歴書作成ツールを使うのが非常に便利です。

光沢紙とは

光沢紙とは、印刷の際に使われる特殊な紙のことです。表面が光沢がありなめらかな仕上がりになるので、写真や高級な印刷物に適しています。

主な特徴は以下の通りです。

  • 表面にコーティングが施されており、なめらかでつやがある
  • インクが乾きにくく鮮やかな発色が可能
  • 印刷に適した紙質で、写真やパンフレット、カタログなどによく使われる
  • コーティングのため通気性が低い
  • ある程度の厚手で重量感がある

このように、光沢紙はインクの発色が良く高画質な印刷物を作成できるメリットがある半面、通気性が悪く重量も重いというデメリットもあります。用途に合わせて光沢紙か上質紙かを選択する必要があります。印刷業界では光沢紙は高級印刷物の代名詞的な存在となっています。

光沢紙

光沢紙と普通紙の違い

それでは、普通紙に比べて、光沢氏はどのような違いがありますか?次は、光沢紙と普通紙の主な違いをみなさんに紹介します。

表面の状態
・光沢紙は表面にコーティングが施され、なめらかで光沢のある仕上がりになる
・普通紙は表面が平らで、つやはほとんどない

インクの発色
・光沢紙はインクが紙面に広がりにくいため、鮮やかで正確な発色ができる
・普通紙はインクが紙に吸収されやすく、発色が多少落ちる

印刷適性
・光沢紙は高画質な写真や図版の印刷に適している
・普通紙はテキストや一般的な資料の印刷に適している

重量感
・光沢紙はコーティングされているため重み感がある
・普通紙は軽量である

透け防止
・光沢紙はコーティングされているので、裏写りしにくい
・普通紙は紙が薄いと裏写りしやすい

通気性
・光沢紙のコーティングにより通気性が低い
・普通紙はある程度通気性がある

このように、光沢紙は高画質な印刷物に適し、普通紙はテキスト資料向きという違いがあります。用途に合わせて適切な紙を選ぶ必要があります。光沢紙は高価格ですが、印刷品質が求められる場合には価値があります。

履歴書の印刷に光沢紙が使える?

それでは、履歴書を印刷する際、光沢紙が使えるのでしょうか?

結論から言えば、一般的には履歴書の印刷には光沢紙は適していません。履歴書は正式で堅苦しい印象を与える必要があるため、以下の理由から上質紙や普通紙が推奨されます。

  1. 落ち着いた雰囲気
    光沢紙は過剰に光沢があり、写真やパンフレットのような華やかさを演出するため、堅苦しい履歴書には不適切です。上質紙や普通紙の方が落ち着いた印象を与えます。
  2. 読みやすさ
    光沢紙はつやつやした表面で光が乱反射するため、読みにくくなる可能性があります。履歴書は読みやすさが重要です。
  3. フォーマル度
    履歴書はビジネス文書の一種であり、光沢紙はあまりにも装飾的すぎるためフォーマルな印象が損なわれます。

ただし、デザイン関係の職種で作品のサンプルを添付する場合など、特殊な用途であれば光沢紙を使うこともあり得ます。一般的な履歴書の印刷には上質紙か普通紙が無難な選択肢となります。

履歴書用紙の選択ポイント

履歴書用紙を選ぶ際は、以下の点に留意するとよいでしょう。

履歴書用紙の紙質

・上質紙か普通紙がおすすめです。光沢があり過度に装飾的な紙は避けましょう。
・厚手の紙が望ましく、80-100g/m2程度が無難です。厚すぎる紙は違和感があります。

用紙の色

・無地の白紙か、薄いクリーム色の紙がスタンダードです。
・colored paperは目立ちすぎるので避けましょう。

用紙のサイズ

・A4サイズが一般的ですが、A3に折り畳んで提出する場合もあります。
・米国などでは8.5インチx11インチ(レターサイズ)が一般的です。

用紙の種類

・再生紙は避け、新品の紙を使うのが無難です。
・レイド紙やファンシー紙は控えめにしましょう。

総じて、無地で厚手の上質または普通の白紙かクリーム色の紙が、履歴書向けの紙として最適と言えます。簡素で落ち着いた印象が重要です。状況に応じて適切なサイズを選びましょう。書体や体裁も紙質と同様に、シンプルでフォーマルなものが好ましいでしょう。

TalenCatで履歴書を便利に作成する

デジタル履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerが一番使いやすいツールになると思います。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

証明写真は一緒に印刷される?

また、パソコンで履歴書を作成する際、証明写真を入れることが普通ですね。それでは、履歴書を印刷する際、履歴書と証明写真は一緒に印刷しますか?

関連記事:

履歴書の証明写真にカラコンがNG?証明写真のコツも解説!
履歴書を作成する時、カラコン着用で証明写真を撮ることが大丈夫ですか?本文では、この問題について皆さんに解説していきたいと思います。また、どうしても無難になれる証明写真の撮り方をも一緒に紹介します。

一般的には、証明写真は履歴書と一緒に印刷するべきではありません。履歴書を印刷してから、証明写真を別途で貼り付けることがおすすめです。その理由は以下の通りです。

  1. 用途が異なる
    履歴書は文字情報を正確に伝えるための文書であり、証明写真は本人の顔写真を添付するためのものです。用途が全く異なるため、同時に印刷するのは適切ではありません。
  2. 印刷条件が異なる
    履歴書は一般的に単色(黒または青)でレーザープリンターやインクジェットプリンターで印刷されます。一方、証明写真は光沢紙に専用の写真プリンターで高画質に印刷されます。同じ条件で両者を印刷することはできません。
  3. 取り扱いが異なる
    履歴書は複数部数を印刷して複写したりして使用しますが、証明写真は本人確認用の写真1枚のみで十分です。

ということで、履歴書上の証明写真の正しい取り扱い方は、以下の通りです。

  • 履歴書は適切な用紙に文書作成ソフトや印刷で作成
  • 証明写真は写真スタジオや専用のコーナーで印刷
  • 封筒に履歴書と証明写真を別々に入れて提出

このように、用途と印刷条件が異なるため、履歴書と証明写真は別々に準備することが適切です。一緒に印刷するとどちらかが不十分な仕上がりになってしまう可能性があります。

まとめ

履歴書の印刷には光沢紙は不向きで、上質紙や普通紙の80-100g/m2程度の無地の白紙かクリーム色の用紙が適しています。履歴書と証明写真は用途と印刷条件が異なるため、一緒に印刷せず別々に用意する必要があります。TalenCat CV Makerのような無料ツールを使えば、AIの助力を借りて直感的に履歴書を効率良く作成できます。シンプルできちんとした用紙とツールの選択が、見栄えのよい履歴書作成に欠かせません。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!