All posts

完全解説:アルバイトとパートの履歴書の書き方

アルバイトやパートに応募する際、履歴書が必ず必要なものとなっています。それでは、効率的にアルバイトとパートの履歴書を作成するために、どうしたらいいですか?本文では、アルバイトとパートの履歴書の書き方をわかりやすく解説していこうと思います。

完全解説:アルバイトとパートの履歴書の書き方
💡
アルバイトの履歴書作成には、TalenCat CV Makerが便利なツールです。直感的なUIで見たまま編集でき、履歴書作成の効率が大幅に向上します。無料で利用でき、作成した履歴書はPDF/画像でエクスポートでき、オンラインで簡単に共有できます。

アルバイトやパートに応募する際、履歴書が必ず必要なものとなっています。それでは、効率的にアルバイトとパートの履歴書を作成するために、どうしたらいいですか?本文では、アルバイトとパートの履歴書の書き方をわかりやすく解説していこうと思います。

アルバイトやパートはどのような応募者を求める?

アルバイトやパートの応募先は、以下のような応募者を求めていると考えられます。

  1. 真面目で責任感がある人
    アルバイトでも勤務時間を守り、しっかりと仕事に取り組める人材が欲しいところです。遅刻や無断欠勤はNGです。
  2. 素直で協調性がある人
    上司や先輩の指示に素直に従え、チームで働くことができる柔軟性が重要視されます。
  3. 時間の余裕がある人
    アルバイトは学生や主婦層が多いため、学業や家事との両立が可能な人が求められています。
  4. 仕事を覚える意欲と能力がある人
    接客やレジ操作など、仕事を短期間で覚えられる応用力が必要とされます。
  5. 明るく元気な対応ができる人
    特に飲食店や小売店など、お客様対応が仕事の中心となるアルバイトでは、ホスピタリティある対応力が欠かせません。
  6. 長期で働ける人
    研修に時間と手間がかかるため、数ヶ月単位で長く勤められる人材が理想です。

このように、アルバイト先は仕事に対する真面目な姿勢と対人スキル、一定期間勤められる余裕のある人材を求めているようです。そこで、アルバイトとパートの履歴書を作成する際にも、それらの点をしっかりとアピールすることが大切になります。

アルバイトとパート

アルバイトとパートの履歴書の書き方

それでは、アルバイトとパートの履歴書をどのように作成すれば良いのでしょうか?次は、履歴書の内容欄を別にその書き方を具体的に解説していこうと思います。

書き方を解説:高校生のアルバイト・パートの履歴書
高校生はアルバイトを応募する際、どのような履歴書が求められていますか?本文では、高校生のアルバイトの履歴書の書き方を紹介した上、高校生に適したアルバイトの職種と注意事項などをも詳しく解説していこうと思います。

基本情報

  • 氏名、生年月日、現住所、電話番号を正確に記入します。
  • 写真は最近6ヶ月以内のものを使用します。

学歴

  • 最終学歴(卒業済みまたは在学中)を記入します。
  • 中退している場合は、在学期間と中退理由を簡潔に書きます。

職歴

  • アルバイト経験がある場合は、従事期間、企業名、職種、業務内容を記入します。
  • 長期の空白期間がある場合は、その期間の活動状況(留学、資格取得など)を書きます。

趣味・特技などの自己PR

  • アルバイトで生かせる長所や経験、能力などを簡潔に書きます。
  • 自分の趣味や特技を記載して、自分の個性などでアピールします。

志望動機

  • そのアルバイト先を選んだ理由を簡潔に記載します。
  • 例えば「○○の仕事に興味があるため」「勤務地が自宅から近く便利だから」など。
  • 会社の業態や就業環境、自身の長所などとリンクさせて説得力をもたせましょう。

本人希望記載欄

  • 希望する勤務曜日、時間帯、雇用形態(アルバイトか正社員か)などを記入します。
  • 特に学生の場合は、学業と両立できる範囲で希望条件を書くとよいでしょう。
  • 希望する職種や業務内容があれば、それも合わせて記載します。

履歴書は第一印象を左右する大切な書類です。丁寧に作成し、アルバイト先に好印象を与えられるよう心がけましょう。

履歴書作成のポイントと注意点

アルバイトとパートの履歴書を効率的に作成するために、次のポイントと注意点に気を付けながら、作成を進める必要があります。

清潔で見やすいレイアウトにする

書体は楷書を使い、適度な字間・行間をとって見やすくします。写真も最近のきれいな写真を用います。

空欄が基本的にNG

履歴書では、空欄が基本的にNGになります。経歴に空白期間や空欄がある場合は、説明を加えるなどして不明瞭にならないようにします。

簡潔で分かりやすく書く

過度の要求は避け、できる限り柔軟性をもった表現にします。アルバイト先ではスピーディな対応が求められるため、履歴書も簡潔明瞭に書くことが重要です。

志望動機をはっきりと書く

なぜそのアルバイト先を希望するのか、きちんと理由を書きます。志望動機は本心から書き、本音でない作文にならないよう注意することでモチベーションの高さをアピールできます。

長所や経験を前面に出す

アルバイトに役立つ長所や過去の経験があれば、自己PRの項目でしっかり書きましょう。

話し言葉の代わりに書き言葉で書く

正式書類で話し言葉で記載するのが非常に失礼です。そこで、履歴書を作成する際、話し言葉の利用を避けて、書き言葉を使用するのが重要です。

虚偽や矛盾のある記載は避ける

経歴や学歴に嘘や矛盾があると、採用が無効になる可能性があります。

誤字脱字などのミスがないか確認する

名前や生年月日などの基本情報に間違いがないか、よく確認しましょう。

採用基準をよく理解する

応募先のアルバイトの人材像を理解し、それに合わせた履歴書を作成することが大切です。

TalenCat CV Makerでアルバイトの履歴書を簡単に作成

アルバイトとパートの履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerが一番使いやすいツールになると思います。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

また、自分の必要に応じて、履歴書にカスタムセクションを追加することもできますので、アルバイト先が何の履歴書の仕様を求めている場合でも、このツールを使って効率的に作成できます。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

アルバイトやパートの履歴書は、真面目で責任感があり、協調性があり、仕事を覚える意欲と能力がある人材を求めています。そのため、履歴書作成時には、これらの点をアピールすることが重要です。

アルバイトの履歴書作成には、TalenCat CV Makerが便利なツールです。直感的なUIで見たまま編集でき、履歴書作成の効率が大幅に向上します。無料で利用でき、作成した履歴書はPDF/画像でエクスポートでき、オンラインで簡単に共有できます。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!