All posts

履歴書で派遣の職歴の書き方は?記載例も一緒にご紹介!

履歴書を作成する際、派遣社員の職歴の書き方は正社員の職歴の書き方と違います。それでは、派遣期間の職歴がある場合、それを履歴書でどのように書きますか?本文では、履歴書で派遣職歴の書き方を詳しく解説した上、様々な場合の記載例を皆さんにも紹介します。

履歴書で派遣の職歴の書き方は?記載例も一緒にご紹介!
💡
履歴書の作成が必要となる場合、無料で使えるTalenCat CV Makerを活用すれば、直感的なUIで見たまま編集しながら履歴書を作成できます。生成AIも搭載されているので、履歴書作成の効率化も図れるでしょう。履歴書作成はもちろん、オンライン共有機能でスムーズに配布することもできるツールとなっています。

履歴書を作成する際、派遣社員の職歴の書き方は正社員の職歴の書き方と違います。それでは、派遣期間の職歴がある場合、それを履歴書でどのように書きますか?本文では、履歴書で派遣職歴の書き方を詳しく解説した上、様々な場合の記載例を皆さんにも紹介します。

派遣の職歴は?

派遣の職歴とは、派遣会社に雇用され、そこから異なる企業に派遣されて就業する期間のことを指します。

具体的には以下のようなことが含まれます。

  • 派遣された企業名
  • 従事した業務の内容
  • 就業期間
  • 職種や役職名

派遣社員は雇用形態が常勤社員とは異なり、プロジェクトベースや期間限定で就業することが多いため、同じ会社に長期間勤務するよりも、複数の企業を渡り歩く経歴を持つケースが多くなります。

派遣社員

就職活動の際は、派遣の職歴があれば、様々な業界や職種の経験があることをアピールできるメリットがあります。一方で、安定性に欠ける側面もあるため、経歴の書き方には工夫が必要です。志望動機や将来ビジョンなどと併せて、自身の強みを適切に伝える必要があるでしょう。

こちらの記事もお読みください:

解決済み:履歴書の職歴にアルバイト経験を入れる?入れない?
履歴書を作成する際、その職歴にアルバイト経験も入れる必要がありますかっていうのは多くの方の悩みですね?そこで、本文では、履歴書の職歴にアルバイト経験を入れるか入れないかということを完全に解明していきたいと思います。

解説:履歴書で派遣職歴の書き方

それでは、履歴書に派遣の職歴を記載する際は、どのように書いたらいいでしょうか?次は、履歴書で派遣職歴の書き方を皆さんに紹介します。

雇用形態の明記

  • 「派遣社員」などと明記し、常勤社員ではなかったことを明確にする

派遣元と派遣先の区別

  • 派遣元の会社名と、実際に従事していた派遣先の会社名をそれぞれ記載する
  • 例) 派遣元: ○○人材派遣会社
    派遣先: △△株式会社

業務内容の記載

  • 単に「事務作業」などと簡単に書くのではなく、具体的な業務内容を詳しく記載する
  • 自身の実績や成果があれば、それも合わせて記載する

期間の記載

  • 派遣期間が短い場合は月単位で記載する
  • 長期に渡る場合は年月で期間を明記する

このように、派遣の実態がよく分かるように正確に記載することが重要です。派遣経験は常勤と比べ安定性に欠けるマイナス面もありますが、様々な業務を経験できた点は強みとしてアピールできます。

履歴書で派遣職歴の記載例

履歴書で派遣職歴の書き方への理解をより深めるために、ここで履歴書で派遣職歴の記載例を皆さんに紹介します。

1: 複数の派遣先があった場合

2020年4月  ○○人材派遣会社に登録
2020年5月  A株式会社に一般事務の派遣社員として就業
      電話対応、データ入力、来客対応など事務業務全般
2022年3月 派遣期間満了につき退職
2022年4月 B製造株式会社に生産管理事務の派遣社員として就業
      生産進捗管理、納期調整、在庫管理など
2024年6月 派遣期間満了につき退職

2: 同一派遣先が長期にわたった場合

2018年10月 ○○人材派遣会社に登録
2018年11月 C金融株式会社に総務事務の派遣社員として就業
      社内外の会議室予約、備品発注、営繕管理業務
2021年4月 課長補佐業務も担当
2023年3月 派遣期間満了につき退職

3: 派遣と正社員の経験がある場合

2015年4月 D建設株式会社に現場事務の正社員として入職
      建設現場での資材管理、書類作成
2019年3月 一身上の都合により退職
2019年6月 ○○人材派遣会社に登録
2019年7月 E商事株式会社に一般事務の派遣社員として就業
      発注業務、入出荷管理、データ入力
2022年12月 派遣期間満了につき退職

このように、派遣元と実際の就業先(派遣先)を明確に区別して記載することが重要です。また可能な限り具体的な業務内容を書くことで、自身の実務経験が良くわかるようにしましょう。

履歴書で派遣職歴を記載するポイントと注意事項

履歴書に派遣職歴を記載する際のポイントと注意事項は以下のようなものがあります。

派遣職歴記載のポイント

  1. 雇用形態が派遣であったことを明記する
    「派遣社員」など雇用形態が分かるように記載します。
  2. 派遣元会社と実際の勤務先(派遣先)を区別して記載する
    例: 派遣元 ○○株式会社
    派遣先 △△株式会社
  3. 具体的な業務内容を詳しく記載する
    単に「事務作業」といった曖昧な表現ではなく、実際に行った業務を具体的に書きます。
  4. 就業期間を正確に記載する
    短期の場合は月単位、長期であれば年月で明記します。
  5. 業務での実績やスキルを記載してアピールする
    身に付けたスキルや業務上の実績があれば合わせて記載します。

派遣職歴記載の注意事項

  1. 経歴の空白期間が生じないよう気をつける
    派遣職歴の前後で期間が途切れないよう注意が必要です。
  2. 同一派遣先でも役職や業務内容が変わった際は分ける
    期間を分けて別々に記載するなど、正確な実態が分かるように書きます。
  3. 長期と短期の派遣では書き方を変える
    長期の場合は年月で、短期の場合は月単位で期間を記載します。
  4. 派遣は不安定との印象を払拭するよう努める
    志望動機などで、将来的なキャリアビジョンや前向きな姿勢をアピールします。

このように、正確な経歴の開示と適切な強みのアピールを心がける必要があります。派遣という雇用形態の特性を踏まえた上で、自身の強みを的確に伝えることが重要です。

TalenCat CV Makerで履歴書を簡単に作成

上記の内容から、履歴書で派遣の職歴をどのように記載するかが分かるようになったと思います。そして、無料で使える履歴書作成ツールのTalenCat CV Makerを使って、履歴書を簡単に作成することができます。

直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

ステップ1: TalenCat CV Makerにログインし、右上の「+ 履歴書を作成」ボタンをクリックして新しい履歴書を作成します。

履歴書を作成する

ステップ2: 次に履歴書の名前を付けて、「作成」または「内容テンプレートから作成」ボタンをクリックします。

履歴書の名前を付ける
  • 作成: 完全に空白の履歴書から作成します。履歴書のすべての内容を入力する必要があります。
  • 内容テンプレートから作成: 履歴書のサンプルから作成します。自分の状況によって内容は自由に調整します。

ステップ3: 直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作業できます。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

まとめ

履歴書に派遣の職歴を正しく記載することは、就職活動において大切なポイントの一つです。経歴の空白期間を作らないよう注意し、派遣元会社と実際の就業先(派遣先)を明確に区別して書くことが重要です。

派遣職歴があることで、様々な業界や職種の経験が豊富であることを強みとしてアピールできる半面、安定性に欠ける面もあります。そのため、志望動機や将来ビジョンなどと併せて、前向きな姿勢や熱意を履歴書に盛り込むことが大切です。

また、履歴書の作成が必要となる場合、無料で使えるTalenCat CV Makerを活用すれば、直感的なUIで見たまま編集しながら履歴書を作成できます。生成AIも搭載されているので、履歴書作成の効率化も図れるでしょう。履歴書作成はもちろん、オンライン共有機能でスムーズに配布することもできるツールとなっています。

派遣の職歴があっても、上手に強みをアピールできれば有利に働くはずです。経歴の正確な開示と適切なセールストークで、自身の魅力を存分に伝えましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!