All posts

最新ガイド:Web履歴書で証明写真はどうする?

現在、DX化がかなり進んでいると伴い、Web履歴書もどんどん汎用されるようになりました。それでは、仕事に応募する際、Web履歴書での証明写真をどうしたら良いのでしょうか?本文では、Web履歴書で証明写真を添付する注意点を詳しく解説していこうと思います。

最新ガイド:Web履歴書で証明写真はどうする?

現在、DX化がかなり進んでいると伴い、Web履歴書もどんどん汎用されるようになりました。それでは、仕事に応募する際、Web履歴書での証明写真をどうしたら良いのでしょうか?本文では、Web履歴書で証明写真を添付する注意点を詳しく解説していこうと思います。

💡
Web履歴書を作成する必要がある場合は、TalenCat CV Makerという使いやすい履歴書作成ツールを活用するのが便利です。直感的なUIでかんたんにWeb履歴書を作成できますし、証明写真をアップロードして簡単に取り扱うことも可能です。

Web履歴書では証明写真が必要?

特に日本国内で就職する場合は、基本的には証明写真が必要となります。紙の履歴書を提出しても、Web履歴書を提出しても、証明写真の添付が求められています。そこで、企業から「証明写真添付が不要」のような指示がなければ、Web履歴書にも証明写真を添付して提出したほうが無難ですね。

こちらの記事もお読みください:

履歴書の証明写真にカラコンがNG?証明写真のコツも解説!
履歴書を作成する時、カラコン着用で証明写真を撮ることが大丈夫ですか?本文では、この問題について皆さんに解説していきたいと思います。また、どうしても無難になれる証明写真の撮り方をも一緒に紹介します。

Web履歴書の証明写真データを入手

一般的には、Web履歴書に添付するのは証明写真のデータになります。それでは、この証明写真のデータをどこから入手できますか?次は、証明写真を手に入れる方法を複数紹介していきます。

スマホやカメラで自撮り

外出して撮影したくない方は、カメラやスマホで自撮りすることもOKです。スマホで証明写真の撮影アプリを使って写真を撮ったり、カメラで写真を撮って、画像編集したりすることで、証明写真データを簡単に入手することができるようのでしょう。

写真スタジオで撮影する

多くの写真スタジオでは、撮影したデータを提供するサービスがあります。このような場合、クラウド経由でデータをダウンロードする方式と、CD-Rなどでデータを渡す方式があります。

撮影に加え、スマホへのデータ転送やCD-R提供を含むパックサービスを行っているスタジオも存在しています。

証明写真機で撮影する

駅やコンビニなどに設置されている証明写真機の中には、撮影データをダウンロードできる機種があります。このような場合は、撮影後にQRコードが表示され、スマホでそのQRコードをスキャンして、そこから証明写真のデータをダウンロードできます。

証明写真機

印刷済みの証明写真をスキャンする

既に印刷した証明写真があれば、コンビニなどのマルチコピー機でスキャンする方法もあります。スキャンしたデータはUSBメモリに保存するか、アプリを使ってスマホに転送します。ただし、この手段で入手した証明写真の画質が劣化されるので、使い物になれるかどうかということに注意を払う必要があります。

ということで、まずは自分で証明写真を撮れるかどうかを確認しておきます。自分でも何らかの手段で証明写真データを手に入れることができれば便利ですね。しかし、自分で証明写真を撮ることに心細い場合は、最寄りの写真スタジオや証明写真機で、データ提供サービスがあるかを確認するのがおすすめです。時間や予算に余裕があれば、写真スタジオが写真の質で有利です。

証明写真撮影の注意事項

証明写真を撮影する際には、以下のような注意事項があります。

服装

証明写真の場合は、無地の襟付きのスーツを着て撮影するのが基本です。

髪型

ひとつに束ねるなどして、顔が隠れないようにしなら、前髪は耳が見えるくらいの長さに整えましょう。

化粧

濃い化粧は避け、肌の状態が分かるようにし、口紅は無塗りか、落ち着いた色味のものを選んだほうが良いのです。

アクセサリー

目立つネックレスやピアスは外す必要があります。

表情

無表情にならず、穏やかな表情で微笑むのが無難です。そして、カメラを正面から見ることも大事ですね。

背景

企業から背景色の要求がある場合はそれに従います。特に背景の規定がなければ、写真スタジオなら無地の背景を選んで、証明写真機なら背景に影がでないよう注意しながら撮影しましょう。

上記のように、落ち着いた服装と表情、適切な背景などに気を付けることで、好印象な証明写真が撮影できます。

Web履歴書に証明写真を添付する方法

証明写真を手に入れると、それをWeb履歴書に添付する必要があります。この部分では、どのようにWeb履歴書にどのように証明写真を添付するかを説明していこうと思います。

手動で証明写真を添付

WordやExcelなどのツールを使ってWeb履歴書を作成している場合は、証明写真のファイルを直接にこれらのツールにドラッグして、それを挿入できます。そして、写真の位置を移動したり、サイズを枠にピッタリするように調整したりすることで、手動で証明写真をWeb履歴書に添付できます。

TalenCatで証明写真をアップロードして自動添付

また、より便利にWeb履歴書を作成する場合は、TalenCat CV Makerという便利な履歴書作成ツールを活用することがおすすめです。この無料履歴書作成ツールを使うことで、直感的なUIで履歴書を見たままで作成することができますし、生成AIを活用して履歴書作成の効率性をかなり向上することも可能です。

TalenCat CV MakerでWeb履歴書を作成する場合、直感的な履歴書エディターに入り、ここで個人情報を入力できます。入力した内容がリアルタイムで右側のパネルに反映されるので、履歴書の様子を確認しながら作成できます。

証明写真をアップロードする場合、写真のアップロードアイコンをクリックして、それを簡単にアップロードすることもできますし、アップロードされた写真は、規定のサイズに自動調整されます。

また、写真アップロードだけではなく、直接に写真のURLを記入することで、インタネット上のあらゆる写真を読み込むこともできますので、非常に便利です。

履歴書の詳細を編集

履歴書の作成・編集が完了したら、履歴書をPDFファイルや画像として簡単にエクスポートできます。

また「オンライン共有」機能をオンにすれば、履歴書のオンラインリンクも取得できるので、そのリンクを使って簡単に他者と履歴書を共有できます。

履歴書の簡単共有

Web履歴書を印刷して証明写真を添付

Web履歴書を作成して、それを印刷して紙の履歴書を企業側に提出することもよく見られますね。このような場合、証明写真を履歴書と一緒に印刷するのがNGです。写真用紙を使って証明写真を印刷し、それをきちんと紙の履歴書に貼り付ける必要があります。

証明写真を別に送信する場合も

時には、Web履歴書とは別に、オリジナルの証明写真のファイルをメールに添付して送信する必要があります。このような場合、以下の点に注意を払う必要があります。

ファイル形式

  • 求められているファイル形式(JPG、PNG等)を確認し、それに合わせる
  • 指定がない場合は一般的なJPGやPNGがおすすめ

ファイルサイズ

  • 大きすぎるとメール送信でエラーになる可能性がある
  • 2MB程度を目安にリサイズするのがよい
  • 解像度は600x450ピクセル程度が適切

ファイル名

  • わかりやすい名前を付ける(例:氏名_証明写真.jpg)
  • 企業からファイル名のルールが指定されていればそれに従う

送信方法

  • メール本文に写真を直接添付する
  • 大きなファイルの場合は、クラウドストレージへのリンクを送信するなどの対応が必要

メール全体のサイズ

  • 写真が大きいと、メール全体のサイズが受信制限を超える可能性があるので注意

送信前に確認

  • 送信前に写真が正しく添付されているかを確認する
  • 別のメールアドレスに送って開封確認をするのも賢明

このように、ファイル形式、サイズ、名前などを適切に設定し、確実にメールを送付できるよう気を付ける必要があります。書類選考は写真が第一印象となるので、万全の体制で臨みましょう。

まとめ

Web履歴書を作る時に、基本的には証明写真を添付することが必要です。証明写真のデータを入手する方法としては、スマホやカメラで自撮りする、写真スタジオで撮影する、証明写真機で撮影する、既存の証明写真をスキャンするなどがあります。

Web履歴書への証明写真の添付方法としては、手動で挿入する方法、TalenCat CV Makerなどのツールを使って簡単に添付する方法、紙の履歴書に印刷した証明写真を貼り付ける方法などがあります。Web履歴書を作成する必要がある場合は、TalenCat CV Makerという使いやすい履歴書作成ツールを活用するのが便利です。直感的なUIでかんたんにWeb履歴書を作成できますし、証明写真をアップロードして簡単に取り扱うことも可能です。

Web履歴書での証明写真の扱いは重要ですので、その重要性を意識しながら、適切に対応しましょう。

TalenCat CV Maker

最簡単な履歴書作成ソリューション
履歴書を作成する方法が変わる!